海外で簡単に作れる手打ちうどん

蕎麦よりもうどんが好きです。出汁は関西風の甘め。あと、カレーの翌日の昼食はカレーうどん一択。

チェコへ来てすぐの頃から自分で打つようになり、最近はコツがつかめてきました。

作り方(2人分)
・小麦粉 150g(適当に薄力粉と強力粉を混ぜる。どちらかだけでもOK)
・水 100cc(足りなければあとで足す)
・塩 小さじ1/2

小麦粉に塩を溶かした水を入れて混ぜる。
滑らかになってコシが出るまでひたすら捏ねる。
15分以上休ませる。
打ち粉をして綿棒で伸ばす。
薄く伸ばした生地を三つ折りにし、包丁で切る。
10分ほど茹で、冷水でぬめりを取る。

作り始めから茹で上がりまで、生地を休める時間を入れても40分あれば完成します。すごく簡単。唯一のコツは打ち粉をたっぷりすることでしょうか。適当な分量や方法で作ってもまずいものが出来上がることはありません。麺の太さが不揃いでもそれはそれで美味しいですしね。

うどんは、日本食材店でもそれほど高くない値段で買えるのですが、一度自分で作ってからは買わなくなりました。こんなに簡単なら買うより作った方がいいや、と。日本みたいに一玉数十円で買えるのなら作りませんが。


日本から送ってもらったヒガシマルのうどんスープで卵とじうどんを作りました。ネギが無いので見た目が寂しい。下仁田ネギのような太いネギはいつでも売っているのですが、わたしが欲しい青ネギをこの日は見かけませんでした。

わたしは海外で恋しくなるのは醤油より出汁です。ふわふわの卵と甘い出汁のうどんを食べるとホッとします。


→→人気ブログランキングに参加中!記事が気に入ったらクリックお願いします!
   にほんブログ村  ブログランキング
  にほんブログ村 海外生活ブログへ “人気ブログランキングへ"

→→記事を共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です