チェコのガレージもカラフル

先日、チェコの家はカラフルだと書きました。

チェコのガレージもとても可愛い色をしています。


主に集合住宅に住んでいる人がこのようなガレージを借りています。中には車はもちろん、工具類、家でジャマになったものなどがゴチャゴチャと置かれているようです。

ガレージに色を塗るのは合理的ですね。一目で自分のがわかるし。


住宅に使われているポップな色とはテイストが違い、なぜかガレージの方が北欧インテリアのようなシックな色合いです。自分が家を建てるなら「あのガレージみたいな色で」と注文し、ガレージのような家が出来上がるかもしれません。

相変わらず分からないチェコ人のカラーリング。このセンスはどこから生まれたのか。人が色を選ぶときには意識せずとも潜在的な理由があるはずです。
この場合、一番ありえそうなのは「安かったペンキを使った」でしょうか・・・。

もし、人々がチェコの民族衣装のようなハッキリした色を建物に使ったとしたら?そんなかわいい街も見てみたい気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。