ヨーロッパでの鍵の開け方のコツ

ヨーロッパ滞在の際に、「ドアの鍵の開け方」が分からなくて困った経験のある方は少なくないのではないでしょうか?

わたしはチェコに移住するより前、旅行でヨーロッパを訪れた際に、日本とは勝手の違うホテルのドアが開けられなくて焦ったことが何度もありました。どのガイドブックにもヨーロッパの鍵が日本とは違うなんて書いていませんが、これは日本人が困ってしまうことの一つだと思います。

チェコへ引っ越してきてから、やっと知ることができた鍵を開けるコツをご紹介したいと思います。メーカーごとに仕様は違うので全ての鍵に当てはまるわけではありませんが、大まかな部分は共通しているようなので、参考になるかと思います。
 

 

基本の鍵の開け方

日本の鍵を開けるときは、

鍵を挿す→90度回す(解錠)→ドアノブを回してドアを開ける

ですよね。どのドアでもだいたい似たようなものだと思います。

ヨーロッパのドアは、ちょうど1周(360度)回します。場合によっては2周のところもありますが、その場合でもぴったり2周。回す回数が違うだけで基本的には同じです。

我が家には1周タイプの鍵しか無いので、それを使った開け閉めの様子がこの通りです。

ぐるりと1周回した時点で解錠されています。閉める時は逆にぐるりと一周。
ちょっと分かりにくいですかね。下に別の図も付けているのでそちらも見てください。

 

玄関ドアは特に注意

トイレや部屋のドアでは、上記の方法で解錠し、ドアノブを回せばドアが開くのですが、玄関やホテルのドアではもう一点日本のドアには無い問題があります。

なんと、外側からは鍵無しでドアノブが回りません

ドアノブはあるのですが、回したりは出来ないただの突起で、ドアを開けるためのものではないのです。

では、どうやって開けるのかというと、鍵を挿して1周回して解錠するまでは上記の説明と同じです。解錠後、その鍵がまだ刺さった状態のままドアを押し(引き)ます

 「鍵が刺さった状態のまま
 「鍵の向きは挿したときと同じポジション(360度回した状態)

というところがポイントです。

頭ではわかっていても、押すタイミングを掴むまでなかなかスムーズに出来ませんでした。

 
ちなみに、そういう仕組みなので、鍵を持たずに外へ出てうっかりドアがバタンと閉まってしまうと、中に入ることができません。想像しにくいかもしれないのですが、鍵は開いているのにドアはうんともすんとも言わない、という状態になります。

さらに、家の中から鍵を鍵穴に挿したままにしておくと、「外から鍵を挿しても開けることができない」という風にもなっています。家族全員が家にいる時は、挿しておいた方が安全ということです。(内側からの施錠も同じ鍵を使います。)

 

ポイントは回す方向

メーカーが違っても回す方向は決まっているようで(今まで逆のタイプは見たことがありません)、基本の回す方向さえ覚えておけば、鍵やノブの形状が違っても応用が利きます。

鍵をかけたい方向に上から回すイメージ。開ける時は下から上に外すイメージ
 

 
わたしはこれを覚えてからは、公衆トイレに閉じ込められる不安から解放されました。

 

まとめ

新しいホテルだとカードキーだったり、日本と同じタイプの鍵の場所もありますが、ヨーロッパは古い建物自体が多いので、どこかしらで利用する機会があると思います。

チェコでよくあるのが、レストランや駅でトイレを借りる時、勝手に使われないようにスタッフから鍵を借りるシステムになっているところです。その場合の鍵も上で説明したタイプが多いです。
 
わたしも以前は、ホテルのドアが開けられずフロントに戻って教えてもらったことがあります。しかも、ヨーロッパの人にとってはこの鍵が当たり前なので、なぜ日本人が開けられないのか意味が分からないんですよね・・・理不尽!

今回説明したポイントさえ掴めばほとんどのタイプのドアを開け閉めできるようになると思います。
海外で鍵が開けられないと本当に焦るし困りますよね。チェコやヨーロッパを旅行される方が嫌な汗をかくことがありませんように!
 

8 Replies to “ヨーロッパでの鍵の開け方のコツ”

  1. のんのんち~ より: 返信

    こんにちわ。
    貴重な情報、いつもありがとうございます。
    なるほど!!! & 納得です。
    私はホテルで部屋のドアを開けられない経験何度もあり、
    部屋の前で途方に暮れた事が何度も有りました。
    なので、チェックイン時にカードキーでないホテルだと、ちょっと不安になります。
    今年は、逆に楽しみになりました。

    1. のんのんち~さん、こんにちは。開けられなかった経験おありですか!ほんと、あの複雑な鍵は地味にストレスですよね〜。ずっとガチャガチャしてると怪しまれそうだし(笑)。運よくすんなり開いたらラッキー!くらいの確率ですよね(私はそうでした…)。次の旅でお役に立てば嬉しいです!

  2. オーストラリアからです。ホームステイ先のカギがビクともしなくて ネットで深夜この書き込みを見て挑戦したら空きました!泣きそうだったので本当に助かりました!ありがとうございます!

    1. こあらさん、コメントありがとうございます。オーストラリアも似たタイプの鍵だとは知りませんでした。深夜に開かないと尚更焦りますよねぇ。お役に立てて良かったです!

  3. はじめまして。
    2年前にプラハに行った際にAirbnbで現地のお部屋に泊まり、夜帰宅して鍵が開けられず、途方に暮れたことを思い出しました……。あまりに開かないので、階数を間違えたんじゃないかと思ったぐらいです。
    ウィーンでも鍵には苦労しました……。
    今月チェコに行くので、すでにちょっとドキドキしてます笑

    1. みるさん、初めまして。コメントありがとうございます。
      Airbnbで泊まるお部屋だとだいたいが一周回さないといけないタイプでしょうね、、、嫌ですよねぇ鍵が開かなくて焦るの。わたしは多少慣れはしたものの、初めての場所だと今でも一呼吸置いてから挑みます(笑)。もうすぐチェコに滞在されるんですね。健闘をお祈りします!

  4. 返信ありがとうございます。
    ホストの方も、鍵の開け方がわからないという発想はないので教えてくれず、、。最初に出かけるときに練習するようになりました笑
    ホテルと違い困ることはありますが、おうちは文化の違いが明らかなので楽しいです^^
    チェコ語もちょっとだけ勉強しているので、現地でコミュニケーションも頑張ってみようと思います☆

    1. そうなんですよね、現地人は普通の鍵が開けられない大人がいるとは思いもしないですもんね。こちらとしては難しいことにチャレンジしているのに(笑)。カードキーのホテルだとそんな目にも合いませんが、一般のアパートに泊まって文化の違いを知れるのも旅行の醍醐味ですかね♪
      チェコ語勉強されているとは!チェコ語での会話も楽しみですね!

コメントを残す