地産地消×屋内マーケット「トルジュニツェ・ブルノ(Tržnice Brno)」

2017年7月にブルノにオープンしたチェコで唯一の屋内マーケットトルジュニツェ・ブルノ(Tržnice Brno)」をご紹介します。
 
場所は、ブルノ中央駅から徒歩5分、街の中心にある青果市場の正面。隣りには、観光スポットでもある旧市庁舎と観光案内所。ブルノにいるなら寄らない理由は無いアクセス抜群な場所です。

4階建てのビルの1Fにビストロとカフェ、2Fは食材のショップ、3Fと4Fはイベントスペースとなっています。
この↓写真は、青果市場(月〜土開催)。右に見える新しい建物がトルジュニツェ・ブルノです。


 

 

1F 飲食店

カフェ、ビストロ、チーズ屋など。
トルジュニツェ・ブルノは地産地消をコンセプトにしており、テナントとして入っている飲食店は、基本的に目の前の青果市場で買った食材で作られていることがルール
スーパーだと輸入モノ(とは言ってもヨーロッパ内)が多く売られていますが、青果市場に来ている農家から買ったものであれば近隣で育てられた食材のはずです。

 
建物を奥へ抜けると1511年に建てられた旧市庁舎へ抜けられるのですが、その間にある建物と建物のはざまの小さなスペースが良いのです。入り組んで建っている建物たちの裏側を見ている気分に。
テーブルやベンチもあるので、暖かい季節だとマーケットで買ったものをここで食べることもできます。

 

2F 食材販売

野外の青果市場では野菜・果物がメインですが、それを補うように、パン、ドーナツ、クラフトビール、肉、はちみつなどの店が出店しています。これらの店の共通点も、地元の食材を販売していること。


 
イートインスペースの大きな窓からは目の前の青果市場を見渡すことが出来ます。混んでいることも滅多にないと思うので休憩するにはピッタリの穴場です。

 

3Fと4F イベントスペースと展望テラス

色々な種類のイベントが行われています。
イベントスケジュールは、ウェブサイトのカレンダーで確認。チェコ語オンリーですが、アイコンで飲食なのか販売なのか音楽なのか、なんとなくわかるようになっています。

先日行った時はハンドメイド商品を販売するファッションマーケットが開かれていました。

 

4Fからは展望テラスに出ることが出来、周りの屋根を見渡すことが出来ます。すぐそばには旧市庁舎の塔、反対側には青果市場の広場。


 

トイレ

なんとトイレが無料!!
街の中心の誰でも入れる公共施設でトイレが無料というのはチェコではとても珍しいのです。しかも、お店は日曜休みなのに、トイレは毎日オープン!

この記事を書くためにウェブサイトを開いて初めてトイレが無料だということに気づいたので、まだ使ったことはなくて。建物自体が新しいのでめちゃくちゃ汚いということは無いと思うのですが、どれくらいキレイに保たれているのか気になっています。
 

まとめ

トルジュニツェ・ブルノは、アクセスの良さとオシャレな雰囲気でブルノのホットスポットになりつつあると思います。
唯一残念なのは、2Fの食材販売スペースの店舗数の少なさ。数えていないので正確な数は分からないけど、今はたぶん10店舗くらい。スペースは余っているのでコンセプトに合った出店希望者がいればこれから増えるのかな?

地元で採れたものを売るという素晴らしいコンセプトのマーケットなので、今後、店舗数が増えて、もっと内容が充実して、周りの歴史ある建物と共存しつつブルノに欠かせない個性ある場所になることを期待します。

 

アクセス

Tržnice Brno
Zelný trh 250/14, 602 00 Brno
月–水 9:00–20:00 木–土 9:00–22:00
日曜定休
(トイレは毎日7:00-22:00)
http://www.trznicebrno.cz

ブルノ中央駅から徒歩5分。



8 Replies to “地産地消×屋内マーケット「トルジュニツェ・ブルノ(Tržnice Brno)」”

  1. あんず より: 返信

    はじめまして。
    5月下旬頃から仕事でブルノに滞在予定のあんずと申します。
    ブルノの生活情報を探していてこちらのブログにたどり着きました。
    チェコでの生活、チェコ語、そして何より豊かな自然!!
    ブログで紹介されていることはとても興味深く、過去の記事も楽しく読ませていただきました。
    異国の地で生活するのは初めてなので不安でしたが、今ではブルノへ行くのがとても楽しみです♪
    これからもブログの更新を楽しみにしています。

    1. あんずさん、初めまして。過去の記事まで読んでいただいてありがとうございます!
      私は、ブルノから電車で1時間ほど離れた郊外に住んでいるのですが、ブルノが最寄りの大きな街なので週末などによく出かけていて、気づいたらブルノ関係の記事が増えていました…。
      ブルノは、プラハに比べるとネットにもあまり情報無いし、不安ですよねぇ。
      日本に比べるともちろん多少不便なことはありますが、一通りのものは揃っているし、英語が通じる人もまぁまぁいるし、街を出ると自然が多いし、住みやすい街だと思います。
      特に春〜夏は一番美しい季節なので、楽しみにいらしてくださいね♪これからもよろしくお願いします。

  2. 初めまして、こんにちは。
    6月からウィーンで生活をしている者です。
    まだ近隣国にどこも行っていないので、
    日曜日にウィーンから日帰りでブルノ行きを考えているのですが、
    日曜はお店が休みであまり楽しめないでしょうか?
    ここのマーケットとても楽しそうなので、せっかくなら見たいなぁとは思っているのですが。。

    1. tantanさん、はじめまして。
      そうですね、残念ながら日曜日はお店やマーケットはほとんど閉まっています。お買い物出来るとしたらショッピングモールくらいでしょうか。土曜だと昼頃まで開いてる店が多いので少しはマシなのですが…。
      お城、教会、博物館などの観光だったら土日でも問題ないはずです。

      1. 返信ありがとうございます。昨日バスのチケットを予約したのですが、
        お目当の一つトゥーゲンハット邸も予約なしだと内部が見れないことを知り、日を改めることにしました。
        なのでこちらのマーケットもその時に見に行こうと思います!
        いかにも観光客向けのお土産やさんはあまり好みではないのですが、
        地元のものを扱っているお店でおすすめはありますか?
        またどこかでフリーマケットのようなものはやっていないでしょうか?

        1. ブルノは観光客が多い街ではないので地元のモノを集めているような店自体が珍しいのですが、唯一おすすめ出来るのは「Tradice」というお店です。https://tokuhain.arukikata.co.jp/brno/2017/02/post_34.html
          Google mapに載っていないので見つけにくいかもしれませんが、この通り沿いにあります。→https://goo.gl/maps/gG87wM4k9cS2
          リンクを貼った紹介ページにはトラムでの行き方が書いてありますが、街の中心部から徒歩でも10分ほどと近いです。(※おそらく土日は定休です。)

          フリーマーケット、私は行ったことが無いので良いかどうか分からないのですが、これ https://blesi-trhy-brno4.webnode.cz はほぼ月イチで開催しています。街の中心部ですし、日程が合うようならぜひ。他には定期的に開催しているフリマは聞いたことがありません。
          私は、ブルノのイベントを探す時は、このサイト→https://www.gotobrno.cz/en/ か、Facebookでイベント検索しています。不定期のマーケットがあればこのどちらかで見つかると思います。

          トゥーゲンハット邸、せっかくなら中も見たいですよね!私はいつでも行けるし〜という気になって、予約無しで入れる庭しか入ったことがありません。そのうち、とは思っているのですが・・・。

          1. 色々と情報ありがとうございました^^
            結局色々調べているうちにプラハにも行きたくなってしまい、
            泊まりがけで行くことにしました。楽しみです。
            トゥーゲンハット邸は英語のガイドが聞ければ一番なのですが、ずいぶん先まで予約が取れないようですね。
            内部がとにかく見たいのでやむなくチェコ語ツアーになりそうです。

            1. トゥーゲンハット邸は、かなり早めに予約しないといけないのが不便ですよねぇ。一度に大人数が入れるような場所ではないので仕方無いのでしょうけれど。

              ウィーンからはプラハもブルノもアクセス良いですもんね。ウィーン好きなので行きたくなってきました。
              チェコ旅行楽しまれてくださいね!

コメントを残す