チェコ旅行のベストシーズンは? 一ヶ月ごとの天気・気温・服装・景色

旅行に行く時に季節を選ぶことの重要さを、チェコに暮らしてみてより実感しました。だって、ちょっと時期がずれただけで、曇天ばかりで残念だったり、最高の景色が見られたりするのです。せっかく遥々訪れるなら少しでも良いコンディションのチェコを見て欲しい!

チェコの四季について簡単に書いたことはありますが、さらに細かく一ヶ月ごとの雰囲気を春から順に写真を添えてご紹介します。

1. 春 4月/5月
2. 夏 6月/7月/8月
3. 秋 9月/10月
4. 冬 11月/12月/1月/2月/3月
5. まとめ
 
 
▼春

4月 平均最高気温 14℃/最低気温 4℃

暦の上では100%春なのですが、前半はまだ真冬並みに寒い日もあり、後半は半袖短パンでOKな日もあり、と典型的な季節の変わり目です。また、年によっても相当違うようで、わたしは4月20日に雪に降られたことがあるので、一応「春」のくくりに入れたものの4月のことは全く信用していません。

とはいえ、気温は低くとも、景色はすっかり春。桜をはじめ、いたる所に花が咲き乱れる美しい季節です。庭園系を訪れるなら4~5月が間違いありません。


 

5月 平均最高気温 18℃/最低気温 8℃

個人的には一押し。5月がベストシーズンだと思います。

もう凍えるほど寒い日は無いので、服装は、昼間はカットソーや半袖Tシャツ一枚、朝晩は冷えるので薄手のジャケットをカバンに入れておくという感じ。人々は太陽が恋しくて仕方無いので、レストランがテラス席を組み始めます(冬季は解体しています)。

天気はほぼ毎日カラッとした晴天。曇りの予報であっても長時間曇っているということはなく、時々雲が通りすぎるという程度。

空は青く、花々は鮮やか、眩しい新緑。何を見ても何を撮っても絵になる季節です。5月最高!


 
 
▼夏

6月 平均最高気温 21℃/最低気温 11℃

6月も5月に引き続きベストシーズンです。

5月に劣る点と言ったら、日によっては真夏日で暑すぎること。とはいえ、湿度が低いので、梅雨真っ最中の日本から来ると爽快に感じるくらいかもしれません。

日が長く21時台まで明るいので一日を長く使えるのも大きな利点です。この↓写真は、21時前。ちなみに、この電車のようなローカル線には滅多に冷房車が無いので6月頃からはまぁまぁ地獄です。


 

7月 平均最高気温 23℃/最低気温 13℃

全てが完全に夏。服装は、一日中半袖短パンのような薄着でOK。

気温が本格的に高くなるのは日本と同じで7月後半から。最高気温30℃を超える日が多くなります。蒸し暑さが無いのは良いのですが、ホテルやレストランなどは室内でもエアコンが無いところが多く、体を冷やす場が無いのはある意味日本の夏よりハードかもしれません。エアコンの冷気が苦手な人にとっては天国、エアコン命の人にとっては地獄です。

ヨーロッパは夏休みシーズンに突入するので、観光地は一年で一番混む時期です。プラハは、いつにも増してヨーロッパの他の国からの観光客でいっぱいなので、ホテルの予約などは早めに済ました方が良いです。

電車で街を離れると一面のひまわり畑が見られるかもしれません。


 

8月 平均最高気温 23℃/最低気温 12℃

前半は、7月後半に引き続き30℃超えの真夏日が続きますが、後半は涼しくなってきて、昼間はTシャツでOKですが朝晩は羽織るものが必要です。

景色的には半分くらい秋。葉っぱが黄色く染まり散りはじめます。気温は下がってくるものの、夜は19時過ぎまで明るく、過ごしやすい時期だと思います。


 
 
▼秋

9月 平均最高気温 19℃/最低気温 9℃

服装の調整が難しいのが9月。夏日もあれば冬の装備が欲しい日もあります。わたしは旅行で2週間滞在した時に、前半は半袖で過ごしていたのに、後半にウールのマフラーを買い足したことがあります。年によっても日によっても全く違うので予想が難しく、使わないかもしれない服で荷物が増えがちです。ただし、服装さえ失敗しなければ、暑すぎず寒すぎず快適な季節です。

7~8月に比べると観光客が減るので観光地はやや落ち着きます。収穫シーズンのため、ワインの有名なモラヴィア地方ではワイン関係のイベントが毎週末のようにあり、天気の良い日は夏の名残を惜しむ人で賑わっています。


 

10月 平均最高気温 13℃/最低気温 5℃

東京でいう11月くらいの気候で、ひんやりとした空気が気持ち良い過ごしやすい時期です。

日本で見られるような紅葉はありませんが、チェコの街並みに黄色い落葉が見られるのは違った良さがあります。
住んでいる者としては「あー長い冬が始まってしまうー!」と、もがく気持ちですが、秋は容赦なく一瞬で終わってしまいます・・・。


 
 
▼冬

11月 平均最高気温 6℃/最低気温 1℃

気温を見てわかる通り、完全に冬!個人的に11月はワーストシーズン。

10月末に冬時間に切り替わるせいもあり、文字通り一気に日が短くなります(日没は16時台)。

雪は降り始めるし、天気は毎日曇り空、運よく太陽が見られても正午を挟んだ2、3時間のみ・・・という日々で、何を見てもドンヨリ灰色。

現地の人の服装は、このころからずっとダウンジャケットにブーツ。子供たちはスキーウェアが普段着です。

チェコの観光施設は、冬季には休業又は営業時間短縮の所が多く、その場合の冬季とは基本的に11月~3月のことを指します。プラハ中心部のみの観光であればそれほど影響無いと思いますが、地方へ行くのであれば営業時間の確認が必須です。

 

12月 平均最高気温 2℃/最低気温 -2℃

12月にチェコを訪れる方はクリスマスマーケットが目的だと思います。
ワーストシーズンと書いた11月より日没が早く気温も低いにも関わらず、クリスマスがあるというだけで株の上がる12月。

クリスマスマーケットは場所によって開催期間が異なり、早いところでは11月最終週から始まります。大きな街であれば12月に入ると常設されている所が多いかと。終わる時期も様々で、クリスマス本番前に終わるところもあれば、1月の1週目まで開いているところもあります。

クリスマス目的で12月に訪れるのは賛成ですが、クリスマス当日の滞在はあまりおすすめできません。24日と25日は、日本でいう大晦日と元日のよう(しかも古き良き時代の)で、多くの人は家族と家で過ごします。

なので、24日は早く閉める店が多く、25日はほぼお休み。観光するなら数少ない開いているところを事前に調べておく必要があります。26~31日は、カレンダー上は平日ですが、休暇を取っている店もあるので、目的の店がある場合は要確認。

冬はイルミネーションが多く、他の季節には無い特別感があります。ひんやりと刺すような空気感が日本とは違い、つい外を歩いていたくなるかもしれませんが、尋常じゃなく体が冷えるのであまり屋外に長居せず、博物館やコンサートなど屋内メインの過ごし方をおすすめします。


 

1月 平均最高気温 2℃/最低気温 -4℃

気温が一番低いのが1月。クリスマスも終わってしまい(上旬であればまだツリーなどのデコレーションが見られます)、ただただ寒いだけで全くお勧め出来ない時期です。

お正月は、カウントダウンを祝うくらいで日本のような長めの休みはありません。元日は祝日のためほとんどの店が閉まっていますが、2日からは完全に通常営業です。

敢えて1月のメリットを挙げるなら、タイミングによっては雪景色が見られることくらいでしょうか。雪が降る日はそれほど多いわけではありませんが、雪質がサラサラしているため、一度降るとなかなか溶けず長い間積もっています。古い街並みと雪の組み合わせは厳しい真冬に訪れた者のみ見られる美しい景色です。


 

2月 平均最高気温 4℃/最低気温 -3℃

最高気温が氷点下という日も多いのですが、冬至頃に比べると日が長くなり、灰色だった空の色が水色に戻ってきます。オフシーズンのため航空券やホテルが安いという以外の理由で敢えてこの時期を旅行に選ぶことは無いと思いますが、冬の中では11月や1月より意外とマシなのが2月です。


 

3月 平均最高気温 8℃/最低気温 0℃

まだまだ気温は低く、時々雪も降るので服装は真冬の装備が必要です。

3月前半が極寒なのに比べ、後半は気温も景色もやや春らしくなってきます。日本のように外で花見が出来るほど暖かくはありませんが、花は咲き始めるので目で春を楽しむことはできます。気温以外は春です。



 

まとめ

チェコの国土は九州ほどの広さ、且つ平地が多いため、地域による気温の差は少ないです。平均最高・最低気温はプラハのデータを記載しましたが、山間以外はどの地域も近い気温です。

湿度が低く不快感が少ない夏は非常に過ごしやすく、エアコンが少ないことが不満な反面、エアコン無しでも生きていけるというのもよく分かります。

年間通して雨は少なく、降っても通り雨程度で、一日中降り続くようなことはめったにありません。台風や大雨で警報が出るようなことも日本に比べると驚くほど少ない上に、あったとしても程度も軽く、日本って自然災害の多い国なんだなぁ、と改めて気づきました。

結論。
ベストシーズンは5月で、気温も景色もパーフェクト!
出来れば避けた方が良いのは11月と1月ですが、それ以外はいつでもそれぞれの良さがあります。

 

関連ポスト:

4 Replies to “チェコ旅行のベストシーズンは? 一ヶ月ごとの天気・気温・服装・景色”

  1. ちょうど来週の木曜日からチェコへ行くのですがどんな服を持っていけばいいのかわからなかったので参考になります。ありがとうございます!日本がまだ蒸し暑いのでつい半袖のトップスと薄手の長袖パーカーだけ持って行こうと思っていましたが寒がりなので念のため秋物のカーディガンと長袖ワンピースも持って行こうと思います。(タイツはまだ早いでしょうか…?)

    1. 来週からなのですね!
      今、天気予報見てみたら来週の木曜は最高気温24℃・最低気温14℃で、その後少しずつ下がっていくみたいだけど、しばらくは極端に寒くなることは無さそうです。日本(東京)の10月中旬くらいの感じっぽいです。朝晩は10℃ちょっとしか無いので外へ出ると結構ヒンヤリしていて、厚めのカーディガンがあれば安心だと思います。昼間は歩くと汗ばむくらいなので荷物になっちゃいますが。
      現地の人は逞しいので薄着の人が多いですが、人によっては革のジャケットを着ていたり。タイツ履いていても暑いということは全然無いですよ〜。

  2. Norikoさんありがとうございます!
    最低気温がけっこう低いんですね。寒がりなのでタイツ履いてジャケットも持って行こうと思います。参考になりました!
    こちらのブログで紹介されていたチャヨブナという喫茶店?にも行ってみたいしスーパーでコフォラやハーブティーを買うのも楽しみです^^
    プラハ以外にヤブロネツとドイツにも行くので今回はモラヴィア地方に行く時間が取れなかったのですがいつかモラヴィアの大草原やブルノにも行きたいなーと思っています。

    1. チャヨブナ、チェコの典型的なイメージとは違った一面で面白いと思います♪プラハで行ったことが無いので、どの店が良いのか分からないのですが、「Prague čajovna」で検索してみたらGoogle Mapに十数店舗出て来ました。

      ヤブロネツいいですね!私はヤブロネツ含む北部に全く行ったことが無いので羨ましいです。ドイツには敵いません(?)が、次の機会には是非モラヴィア地方へもお越しください♪
      風邪にお気をつけて、良いご旅行を!

コメントを残す