チェスキー・クルムロフとチェコの他の街を比べてみて

チェスキー・クルムロフ(Český Krumlov)へ小旅行に行ってきました

日本からプラハを訪れる旅行者が「チェコでもう一ヶ所くらい別の街も見たいな」と思った時に候補のトップに挙がるのがチェスキー・クルムロフだと思います。

 

街全体が世界遺産に登録されているチェスキー・クルムロフ
16世紀の古い街並みが保存されており街が一つの美術館の様。地理的に山間にあることもあり、到着してまず街を見下ろした時には、まるで俗世からは切り離されたファンタジーの世界だと思いました。
 

 
人口は約14,000人なので街の規模としては「チェコの地方の小さな街」。わたしの住んでいる所も似たようなものですし、そのサイズの街なら慣れていると思ったのですが、チェスキー・クルムロフはさすが人気の観光地。他の地方都市とは違う!と思うことがいくつかありました。

このページを訪れてくださっている方は既にこの街の美しさについてはご存知の方が多いと思うので、ここではチェスキー・クルムロフで気になったプラハや他の街との違う点、さらに、こういう人にはチェスキー・クルムロフは向いていないかも、と感じた点を書きたいと思います。

 

土日祝でも店が開いている

土日も祝日もほとんどの店がオープンしています!便利!

チェコでは、土曜は午前営業、日祝は定休という店が多いです(ショッピングモールなどの大型店除く)。大観光地のプラハでさえも例に漏れず、個人経営などの小さな店は平日にしか行くチャンスが無いということもしばしば。

日本にいると考えもしませんが、チェコでは水を買えるところがなくて困ることも珍しくないので、通常、地方に滞在するのは土日は避けた方が良いのですが、チェスキー・クルムロフに関しては全く問題ありません。

レストランもお土産屋もスーパーもドラッグストアも、ちょっと閉店時間が早い程度で、平日とほぼ変わらず利用できることができます。
 

 
今回、ギリギリでオンシーズンに行きましたが、おそらく土日よりも冬季休業する店の方が多いのではないでしょうか??チェスキー・クルムロフ城の場内見学も11〜3月は休んでいるくらいなので。
 

地元の住人がいない

チェスキー・クルムロフの街の中心部はこぢんまりとしており、20分あれば端から端まで歩けるほどです。その狭い範囲に古い建物がぎっしり建っていて、お城を始めいくつもの観光スポットが集まっています。

一見民家のような小さな建物が多いのですが、実際に街の中心部に住んでいる人はなんと100人程しかいないそうです(地元民からの「100人も住んでるとは思えない」説もあり)。
街に住人がいないことを皮肉って、フェイクの “地元民” を街に歩かせたり、生活感のある洗濯物をわざと吊るしたり、という企画を行っているアーティストまでいるようです。地元の人にとってはこの観光地化がもはや笑えるネタなのでしょうか。

 
元々は民家だったであろう建物の多くは、現在は小規模のホテルとして利用されています。他の街だったら、1階が飲食店や雑貨店だったら、2階より上はアパートになっているパターンが多いのですが、チェスキー・クルムロフでは、上は宿泊施設という建物が多いです。

あまりの観光客の多さに街の清掃などにかかる費用が追いつかないらしく、「街」への入場料を設けるという案もあるそうな。それで街の環境が保たれるなら住人にとっても観光客にとってもいいですね。
 

 

新しい建物が無い

プラハではゴシック様式やルネサンス様式などのゴージャスな建物に混じってモダン建築や共産主義感溢れる無機質な建物も見られますが、チェスキー・クルムロフは殆どの建物が建てられたらしい16世紀のままの雰囲気が完璧に残されています。

観光地らしくいわゆるチープな土産物屋も多いものの、少なくとも外観は景観を乱さないよう配慮されており、街の雰囲気はキープされているところが素晴らしいです。
 

 

でも、こんな人にはオススメしない

わたしにとっては、チェコのTHE・観光地を訪ねるのは非日常感があって楽しいのですが、ここ楽しめない人もいるかも・・・ と思ったので人によってはネガティブになり得る点も挙げたいと思います。

街が小さいだけに、プラハ以上に観光客率が高いです。しかも、アジア人率が非常に高いです。海外旅行先で日本人に会い過ぎるのはちょっと…という方はもしかしたら気持ちが萎えてしまうかもしれません。

チェコの地方の街が見たい、という理由で訪れる方も。チェスキー・クルムロフは地方ですが、完全に観光地なので普通の地方の街とは相当違います。普通の暮らしが見られる場所ではありません。
もし、観光地感の低い街を見ることが目的なら他の街を選ぶことをオススメします。チェスキー・クルムロフがチェコ内で最も観光地度が高い街だと思うので、ここ以外ならどこでも。
 

 
観光客の多ささえ気にしなければ、チェスキー・クルムロフは噂に違わず本当に美しい街です。プラハからすごく近いという訳ではありませんがアクセスは便利ですし(バス一本で片道3時間弱)、一泊二日くらいで足を延ばしてみる価値はあると思います。いくら観光客が多くてもキレイなものはキレイなので。

都会とはまた違うチェコの素朴な可愛さがギュッと詰まった街を見ることが出来ます。
 

コメントを残す