チェスキー・クルムロフ〜ブルノのベスト移動方法は?

チェスキー・クルムロフ(Český Krumlov)へのアクセスは、プラハ(Praha)からバスで往復するのが一番簡単で人気のある方法です。

が、例えばプラハとチェスキー・クルムロフに加えて東部のブルノ(Brno)を中心としたモラヴィア地方も訪れたかったら?プラハ往復ではなく3都市を周遊するプランを立てたくなると思います。

それぞれの位置関係はこんな感じ。3つの街を三角形に周るのが良さそうに見えますよね。


 
[プラハ〜チェスキークルムロフ]は人気路線なので、バスが多く走っていて簡単にアクセス出来ます。地図上では[チェスキークルムロフ〜ブルノ]も同じように簡単に移動出来そうに見えるじゃないですか?それがまぁなかなか疲れる旅なのです。

 

ブルノ〜チェスキー・クルムロフを列車+バスで移動

直行バスは無いので、列車(国鉄ČD)バス(私鉄StudentAgency)を乗り継ぎました。乗り換えはチェスケー・ブジェヨヴィツェ(České Budějovice)駅。
公共交通機関で[ブルノ〜チェスキー・クルムロフ]を移動するならこれが最短だと思います。

ブルノ
  |
(列車 4時間20分)
  |
チェスケー・ブジェヨヴィツェ
  |
(バス 30分)
  |
チェスキー・クルムロフ

 

曲者なのは[ブルノ〜チェスケー・ブジェヨヴィツェ]間の長距離列車でして。

席がコンパートメント(↓こういうタイプ)なのです。今回、混んでいて写真を撮れなかったので、この写真は初めてチェコを一人旅した時に撮ったものです。これは一等席ですが、二等席だと4人×2だったりするのでもっと窮屈です。


 
このタイプの席、「いかにもヨーロッパの列車旅っぽくて良いじゃない!」と思えなくも無いのですが、コンパートメント席って当たり外れが大きいんですよね。

空いていればラッキーなのですが、混んでいる時は他人との距離が近くて窮屈だし、何より相部屋のメンバーによって快適度が雲泥の差なのです。下品な会話を大きな声で喋りっ通しのグループに囲まれてしまったりするとただの苦行です。日本と違って「電車内では静かに」というマナーは無いので、お喋りは仕方ないのですが、内容が聞くに耐えない時もあるのです・・・。

ちなみに、一等席だとたとえ混んでいたとしても席間は広いし、客層も比較的落ち着いた人達を期待できます。料金もそれほど高く無いのでよほどの節約旅行で無い限り断然一等席をオススメします。
 
 
さらに、こういったローカル路線は、「途中で工事やってるんでこの区間はバスで輸送しますね〜」と電車を降ろされることも珍しくなく、チェコ語が分からないと詰むことも。トラブルを避けるという意味でもあまりオススメは出来ない路線です。

[ブルノ中央駅〜チェスケー・ブジェヨヴィツェ駅]
所要時間:約4時間20分
料金:331Kč(約1,655円)〜
頻度:2時間に1本
快適度:★⭐︎⭐︎

 

チェスケー・ブジェヨヴィツェ〜チェスキー・クルムロフ間の移動

距離の短い[チェスケー・ブジェヨヴィツェ〜チェスキー・クルムロフ]間は列車もありますが、バスの方が早くて安くて本数も多いので、どうしても電車が好きという理由でも無ければバスがオススメです。
 
 
▼バス(StudentAgency)
[チェスケー・ブジェヨヴィツェ〜チェスキー・クルムロフAN]
所要時間:30分
料金:32Kč(約160円)
頻度:1時間に1本
快適度:★★★

▼列車(ČD)
[チェスケー・ブジェヨヴィツェ〜チェスキー・クルムロフ]
所要時間:40分前後
料金:53Kč(約265円)〜
頻度:2時間に1本
快適度:★⭐︎⭐︎

チェスケー・ブジェヨヴィツェの駅舎。バスターミナルはこの駅の斜め前にあるショッピングセンターの3階。スーパーが入っており土日祝も営業しているので乗車前の買い物に便利です。

 

遠回りだけど実は簡単・快適なプラハ経由

前述したコンパートメント長距離列車以外の選択肢として、距離的には遠回りのプラハ経由を個人的には推したいです。

乗り物に乗っている合計時間は1時間ほど長くなりますが、プラハ発着は本数が多いので乗り継ぎの待ち時間を含めると所要時間は短くなることもあります。

[チェスキー・クルムロフ〜プラハ]をバスで、[プラハ〜ブルノ]をバスor列車で。
サービスの良さと運賃の安さで人気のStudentAgency(私鉄)を利用するのがオススメです。

だって、これ↓で二番目に安い席種ですから。(プラハ〜ブルノ間のStudentAgency列車内。無料ドリンク有り、モニター付きで十分な広さの革のシート!)


 

[プラハ〜ブルノ]は国鉄ČDの特急もあり、所要時間はほぼ同じ。StudentAgencyよりも運賃は高め(席種による)ですが、本数が多いのが利点です。StudentAgencyはサービスは良いですが、列車の本数が少ないです。バスの方だと本数も多く、渋滞しない限り遅延は少ないので確実さではバスがベストだと思います。
 
▼バス(StudentAgency)
[プラハ〜チェスキー・クルムロフ]
所要時間:2時間50分
料金:129Kč(約645円)〜
頻度:1時間に1本
快適度:★★★

▼列車 or バス(StudentAgency)
[プラハ〜ブルノ]
所要時間:どちらも2時間30分前後
料金:99Kč(約495円)〜
頻度:列車は少ないがバスは多い
快適度:★★★

▼列車(ČD)
[プラハ〜ブルノ]
所要時間:約2時間30分
料金:219Kč(約1,095円)〜
頻度:1時間に1〜2本
快適度:★★☆


 

まとめ

地図で見ると近そうなのに列車だとすごく時間がかかる、ということが多いチェコ。一方、人気路線はそれなりに快適に移動することができます。好みの問題ですが、わたしは、遠回りでもプラハを起点に動くのが最も楽なのではないかと思っています。列車とバス、国鉄と私鉄。利便性ならバスだけど、列車の雰囲気も捨て難いなど好みがあると思います。ぜひ好きな組み合わせを探してみてください。
 


[Amazon] 新しいチェコ・古いチェコ 愛しのプラハへ (旅のヒントBOOK)

コメントを残す