チェコ・ブルノのアンティークマーケット「ブレシー・トゥルヒ(Bleší trhy)」


 
チェコ旅行の見どころの一つにアンティークショップや蚤の市巡りがあります。

チェコのアンティーク品は、正直なところクオリティはピンキリですが、値段設定が良心的な店が多く、時間をかけて探せばガラクタの中から掘り出し物を見つけることができる可能性大!

プラハほどアンティーク界隈が充実していないチェコ第二の都市ブルノですが、定期的に開催されているアンティークマーケットがあるのでご紹介します。

 

月一開催のフリーマーケット「Bleší trhy」

その名もチェコ語でフリーマーケット(flea market)・蚤の市を意味する「ブレシー・トゥルヒ(Bleší trhy)」。日本でフリーマーケットと言うと家庭の不用品を持ち寄るタイプが多いですが、ここではほとんどが骨董品を扱う出店者なので、蚤の市と訳した方がイメージに合います。

雑居ビルの広い通路を使っているので、雨の心配がいりませんし、冬場も休むことなく一年を通して開催できます。
 

 
食器、切手、記念バッジ、絵画、本、レコード、布、ボタン、おもちゃ、ポストカード、洋服・・・などなど。特に、古切手やコインのお店は大人気。コレクターと思われる恰幅の良いチェコ人のおじさま達が群がっていて、彼らの脇の下をすり抜けながら見て回りました。

大体の店は値札をきちんと付けているので、外国人だからと値段をふっかけられることも無く、言葉が通じなくても買い物に困ることはありません。
 

 

開催スケジュール

基本第二土曜開催のようです。2018年内の残りの開催は、11月10日と12月8日。
詳しい日程はウェブサイトで確認できます。
※日付の書き方が日本と逆なので、「9.6」と書いていたら「6月9日」のこと。


 
開催時間がなぜか15〜18時の夕方3時間のみという不思議な設定なのですが、考えてみると土曜の午前中は仕事をしている人が多いので、そういう人でも出店しやすい時間帯なのかもしれません。
ちなみに、15時ピッタリにオープンする訳では無いので、14時台前半に行ってもすでに会場は盛況。出店準備できた人から販売開始してるようです。何時に行くのが正解かはよく分かりません。
 

本・レコードだけなら

本・レコードなら、「トルジュニツェ・ブルノ(Tržnice Brno)」の前で不定期開催の古本・中古レコード店が出店しています。不定期といっても土曜日にブルノにいると二回に一回くらい見かけるような気が。
屋外なので、おそらく真冬は開催していないと思われます。


 

こんなもの買ってます

最近購入した古いもの。

  • チェコで出版された東京オリンピックのメモリアル本。約200円。
  • ラジオ局か何かが1974年に配ったっぽい記念タイル。鍋敷きとして利用するために。約50円。
  • 市の850周年記念バッジ。1976年のもの。色んな街のバッジがごちゃ混ぜで売られている中で、たまたま住んでいる街のものを見つけたので。約250円。

一番小さいピンバッジが一番高い!
 

 
旅行中だとなかなか現地の人と触れ合う機会は無いですが、蚤の市ではそれも簡単に叶います。
特にブルノの蚤の市では観光客は限りなくゼロ。毎月来ているような地元の人に混ざって骨董品を品定めすることは、旅行中にはなかなか味わえない面白い体験だと思います。予定が合えばぜひ立ち寄ってみてください。
 

アクセス

Bleší trhy
Poštovská 450/6, Brno
入場無料
blesi-trhy-brno.cz

ブルノ中央駅から徒歩約8分。

2 Replies to “チェコ・ブルノのアンティークマーケット「ブレシー・トゥルヒ(Bleší trhy)」”

  1. チェンコ より: 返信

    初めまして。10月下旬にBrnoへやってきました。チエと申します。ここ数年チェコにハマりとうとう先月から1年の語学留学という形でチェコ入りしました。
    色々検索していてこちらへたどり着き、丁寧でタイムリーな内容のNorikoさんのブログは、とても勉強になっています、感謝! 蚤の市が大好きで旅行で訪れるたびに蚤の市やsecondhandを巡り(私なりの)掘り出し物を見つけるのが趣味なので、Brnoの蚤の市情報は本当に嬉しかったです。今月張り切って行ってきます。

    1. チェンコさん、初めまして。コメントありがとうございます!
      わわ、最近引っ越して来られたんですね!しかもブルノ!
      わたし、良いタイミングで蚤の市の紹介を書いたようですね〜。お役に立って嬉しいです。規模は大きくないしオシャレさもゼロな市ですが、だからこそ掘り出し物見つけるのが趣味の方だと面白いかもです。今週末ぜひ行ってみてください♪

コメントを残す