200年続くチェコの老舗帽子ブランド「トナック(TONAK)」


 

チェコの帽子ブランド「トナック(TONAK)」の帽子を買いました。

トナックは、チェコ東部のノヴィー・イチーン(Nový Jičín)市にある老舗帽子メーカーです。社名の「TONAK」はチェコ語で帽子工場を意味する「TOvárna NA Klobouky」の略。

トナックが帽子の製造を始めたのは1799年。なんと200年以上の歴史があります。チェコがチェコ共和国どころかチェコスロバキアになるよりもずっと前から帽子を作り続けているのですね。

製品は全てMade in チェコ。国内の工場で、伝統的な製法を守りながら作られているそうです。
 

 
トナックの製品で特に有名なのは兎のファーを使ったフォーマルなフェルトの中折れ帽なのですが、どんな種類の製品があってどこで買えるのかをご紹介していきます。

 

トナックの帽子のラインナップ

わたしが買ったのは↓ベレー帽。トナックの商品の中ではカジュアルな部類です。


 
これを選ぶ時、物凄い数のカラーバリエーションがあって。「カーキ」と呼べる色の範囲だけでも微妙に色味の違うものが数種類。全部合わせたら100色くらいあったかも?数えてはいませんがそれくらいズラーーーッと並んでいました。「黄色過ぎず茶色過ぎず暗すぎないカーキ」が欲しかったわたしの希望もぴったり叶えてくれました。品揃えの良い店へ行けばまず自分の希望の色が見つかると思います。

自分で持っているのはこの一つだけなので他にどんな帽子があるのかはTONAKのインスタを貼っていきたいと思います。
 
 
フェルトハット。一番種類が多いのがこのタイプのハット。シックな色だけでなく、ビビッドな色も豊富です。
想像するに、トナックが創業した頃は、中折れ帽をかぶるのは男性だけだったと思うのですが、今は女性向けのハンサムな中折れ帽のデザインも豊富です。


 もちろん定番のメンズも。ダンディ。

 

View this post on Instagram

 

Tonakさん(@tonak_hats)がシェアした投稿


 色んなデザインがあります。クロッシェ(女性用の釣鐘型ハット)って貴族みたいでコーディネート難しくない?と思っていましたが、試してみると意外にしっくりきました。自分が年を重ねたせいなのか、トナックのデザインが良いおかげなのか。色々な形があるので、試してみるだけでも新しい発見があります。

 

View this post on Instagram

 

Tonakさん(@tonak_hats)がシェアした投稿


 夏にはストローハットも。エレガントめのカジュアルに合いそうです。

 

View this post on Instagram

 

Tonakさん(@tonak_hats)がシェアした投稿


 

価格帯

メイン商品の中折れ帽が2,000〜3,500Kč(約10,000〜17,500円)くらい。物価の安いチェコの服飾小物としてはなかなか高級ですが、質が良いことは商品を手にとってみれば分かりますし、同じクオリティのものを日本で買ったらもっと高いだろうなぁ、と思います。

女性向けの小ぶりなものだと価格は低めで1,000Kč(約5,000円)くらいから。ベレーはさらに手頃で、飾りの付いたものでも500Kč(約2,500円)くらいから。手頃な価格帯の商品でも国内生産で品質はしっかりしているので、お得感があります。

せっかくチェコに住んでいるのだから定番の中折れ帽も一つ欲しいと考えてはいるのですが、チェコの冬は寒すぎて耳が出して帽子をかぶれる機会があまり無いのですよね・・・。
 

トナックの帽子を買える場所

  1. 直営店
    品揃えが良いので直営店がベストですが、店舗が少ないのが難点で、プラハ、オストラヴァ、ノビー・イチーン、チェスケー・ブジェヨヴィツェ、ストラコニツェにしかありません(→公式サイトのショップリスト)。
    観光途中に立ち寄るならプラハの旧ユダヤ人墓地の前にあるフラッグシップストアが便利だと思います。全員ではありませんが英語を話す店員さんもいます。
  2. トナックの商品を小売している帽子屋
    検索とかでは探しようが無いので運次第。ふらっと入った街の帽子屋が意外に沢山取り扱っているかもしれません。
  3. チェコ国内ならどこにでもある靴屋「Baťa(バチャ)」
    品揃えはかなり少ないですが、店舗によっては置いています。
  4. マーケットやイベントへの出店
    TONAKが直々に出店していることもあれば、TONAKの商品を扱う帽子屋があることも。
  5. 日本で買うならオンラインショップ「TONAK」
    日本でTONAKの商品を輸入しているのはこのショップだけのようです。残念ながらメンズ向けアイテムのみですが、小さいSサイズから展開しているので、デザインさえ気に入れば女性でも使えます。


  6. Amazonジャパン
    出品元は上記の代理店なので発送元は同じですが、Amazonでも購入可能。 

    チェコ製フェルトハット TONAK (トナック) / COUVERT(クーヴェール)

まとめ

先日、チェコスロバキア建国100周年記念日があったことから、最近、1918年頃の写真や映像を見かける機会が多かったのですが、100年前の都会の男性ってフェルトの中折れ帽をかぶっている人が多かったんですよね。職業によってファッションは違ったのでしょうが、現代のチェコでフォーマルな格好を必要とする職業が少ないのに比べ、昔はかっちりスーツにハットでキメている人が多かったことに驚きました。
その頃の紳士達に愛用されていたであろうトナックの帽子が、今も同じ工法で作られていてお店で買うことが出来るって夢があります。
 
TONAK公式サイト(チェコ語)



コメントを残す