チェコのレストランでアレルギー食材を知るには


とあるチェコ料理レストランのメニューです。
肉料理、チーズフライやハチミツ味のケーキなど、典型的なチェコ料理が並んでいます。

食べ物の名前の横に書いてある「(1 , 3 , 9)」などの数字、なんとなく分かるかと思いますが、アレルギー表記です。日本だったらこの場合、欄外やメニュー表の後ろの方に何番が何を表しているのか、という一覧が別にありまよね。でも、ここではそれぞれの数字が何を表しているのか、メニュー表の中を探しても説明はありません。

チェコでは全てのレストランで共通の表示が使われるよう法律で決められているからです。

【1】グルテンを含む穀類
【2】甲殻類とそれを含む加工品
【3】卵とそれを含む加工品
【4】魚とそれを含む加工品
【5】ピーナッツとそれを含む加工品
【6】大豆とそれを含む加工品
【7】牛乳ととそれを含む加工品(ラクトース含む)
【8】ナッツ類(アーモンド、ヘーゼルナッツ、クルミ、カシューナッツ、ペカンナッツ、ブラジリアンナッツ、ピスタチオ、マカダミアナッツ、それらを含む加工品)
【9】セロリとそれを含む加工品
【10】カラシとそれを含む加工品
【11】胡麻とそれを含む加工品
【12】二酸化硫黄と亜硫酸塩
【13】ルピナスとそれを含む加工品
【14】貝とそれを含む加工品

アレルギーを持っている人は自分が避けなければいけない番号を覚えているのです。
該当者には確実に分かるし、メニュー上でもスペースを取らないし、ナイスアイデア!

法律で決まっているとはいえ、監査がどの程度厳しいかは謎で、数字がついていないメニューを置いているレストランもあるかと思います。
もし、番号の表記がなく、アレルゲンを口頭で伝えないといけない場合、一番簡単な言い方はこれです。

マーム アレルギー ナ ○○ (Mám alergii na ○○)

「○○のアレルギーを持っています」という意味です。これさえ言えればお店の人も気をつけてくれるはず。

伝統的なチェコ料理はほぼ肉料理ですが、ベジタリアン用メニューを置いてある店も多いです。特に若い女性はガッツリした肉料理を好まない人も多いので。

しかし、ビーガンレストランは大丈夫として、一般のレストランのメニューに載っているベジタリアン料理は、かなりの確率で乳製品を含んでいます。魚が入っていることさえあって、チェコでのベジタリアンの定義がよく分かりません。なので、ビーガンの人は注意が必要ですが、上のアレルギーリストに乳製品や魚介類の項目もあるので、それと組み合わせて判断すれば避けられそうですね。

この全国共通アレルギーリスト、アレルギーのある人にとっては本当に便利なものだと思います。
もし、これが各店オリジナルの表記方法でチェコ語で書かれていたら、外国人は見落とすかもしれません。日本でも多くの店でアレルギー表記がありますが、「小麦を含みます」って日本語で書かれていても外国人旅行者は読めないですもんね。

この全国共通ナンバー方式、いずれ日本でも取り入れられるんじゃないでしょうか。