日本語を忘れたくないとは思っていますが

昨日までは英語について書きましたが、その流れで日本語についても。

わたしが最後に日本人を相手に日本語を話したのは、一ヶ月近く前(ラジオで話したとき)。それほど普段は日本語を話す機会がありません。

時々、日本語能力試験のN1(最難関)を目指しているチェコ人の勉強を手伝うことがあるので、そのときは日本語を使いますが、分かりやすい単語を選んでゆっくり話すので、ネイティブ相手に話すのとは感覚が全く違います。

ブログを書きながら、日本語を忘れはじめているなぁ、と思うことが多々あります。「こういう状況を表す熟語があったはずだけど、出てこない・・・」なんてことはしょっちゅうで、「○○○○ 熟語」「○○ 類語」「○○ 反対語」のような検索をすることはよくあります。

以前にサッカーの長友選手がイタリアで日本語のインタビューに答えているとき、「あれ・・・日本語で何て言うんだっけ」と詰まり、記者の方に「イタリア語でもいいですよ」と言われて続きをイタリア語で答えていたことがありましたが、そのときに出てこなかった単語が「合意」。日常でよく使うわけではない単語が出てこない気持ちがよくわかります。

まとまった量のブログを書くことは、日本語を使うことを習慣づける点で役に立っています。ブログを始める前は、頭の中での考え事が英語でしたが、毎日ブログを書くことで、頭の中の言語設定が日本語に戻りました。

が、問題は、それが書き言葉だということ。

たまに話すときには、それがそのまま口に出てしまい、書き言葉のような話し方をしてしまうのです。かなり恥ずかしいです。これは想定外でした。
今はまだ自分でそのことに気づいていますが、そのうち気づきもしなくなる時が来るのかと思うと恐いです。

会話の感覚を忘れないために、日本のテレビドラマを観たりもしますが、元々の自分の話し方(関西弁)と違いすぎるのでいまいち役にはたっていない気がします。

今週、サッカーの松井大輔選手が磐田からポーランドに移籍してきました( “きました”と書いたのは、チェコの国境に近いチームだから、わたしにとってはこっちに来たという感じがするため)。わたしは彼がいたチームのサポーターだったことがあり、ファンにも気さくに関西弁で話してくれるところが好きでした。

で、ポーランドに到着したとのことで、久しぶりにインタビューを聴いたんですけど・・・

ひょ、標準語になってるー!!

話し相手が標準語だと関西人でもつられることがあるのですが、このインタビュアーは関西のイントネーションが入っているし、つられたわけではなさそう。
彼は、京都出身で京都のチームに所属したあと、フランスなどの海外含む10数年、色んな言語や方言に揉まれてきたはずで、方言が抜けて当然といえば当然ですが、話し方もキャラも関西人のイメージが強かったので驚くやら寂しいやら。

わたしもいつか自分の話し方を忘れてしまうのでしょうか。標準語で喋る自分は想像できないけれど。
いずれ帰国したときに「喋り方どうしたん?!」と笑われそうな気がして今から恥ずかしいです。