チェコの美味しいお寿司「Gókaná Sushi Bar」in オストラバ

オストラバで一番と言われているチェコ人経営の寿司レストラン「Gókaná Sushi Bar」でランチを食べてきました。「Gókaná(ゴーカナー)」という名前は「豪華な」でしょうか。

ランチセットは、値段のランクが松竹梅のように3種類あり、正確な値段をメモするのを忘れてしまったのですが、100Kč台、200Kč台、300Kč台。わたしは真ん中の200Kč台のセットを注文しました。

セットの内容は、巻き寿司が14切れ。
ネタは、サーモン・きゅうり・かんぴょう、たくあん・柴漬けなどの数種類の漬物。

今まで海外で食べた寿司の中で断トツベスト!!

魚の種類が少ないのはチェコなので仕方がないけれど、サーモンの質は良かったし、漬物も美味しい。漬物はホームメイドか市販のものかは分かりませんが、ちゃんと日本の漬物の味がしました。

ペトルはちらし寿司をオーダー。見た目はどちらかというと海鮮丼のようで、サーモン・マグロ・かんぴょう・漬物が乗っていました。値段は319Kč(約1,595円)。
チェコではランチで300Kčってかなり高い感じがするのですが、1,500円程度って考えると旅先のランチとしては許容範囲ですね。

お腹に余裕がなかったので試しませんでしたが、サイドメニューとして、餃子や味噌汁もありました。というか、「MISO GYOZA」という焼き餃子が味噌汁に乗っているものがありました。食べずに言うのもなんだけど、それは別々でいいんじゃないかな。

冷たい緑茶か麦茶が飲みたい気分だったので、メニューに載っていた「ホームメイドティー(COLD)」という名前の飲み物を頼んだら、左のオレンジの飲み物が出てきました。チェコでは果汁を水に絞ったものも “ティー” の一種なのをすっかり忘れていました。ジンジャーティーみたいな感じで。

右のスイカティーは、スイカの身がゴロゴロ入っていて初めて体験する美味しさでした。チェコではスイカが年中買えますが、やはり夏はスイカを使ったスイーツなどをよく見かけます。

味の美味しさ以外にここのレストランの良い点として、調理台が見える。カウンターで調理しているので、席によっては寿司職人さんの手元が見えるのです。寿司の握り方については知りませんが、少なくとも清潔で丁寧に作業しているのが見えるので外国の寿司に対する不安が和らぎます。

チェコで寿司を食べられるところといったら、ベトナム人や中国人などのアジア人が他のアジア料理のついでに寿司を出している感じの店がほとんどで、味はお世辞にも美味しいものとは言えません。ここまでの経験から思うのは、チェコ人のお店の方がレベルが高い。熱心に研究しているからだと思います。ここの職人さんたちも日本に行って研修を受けるなどして勉強しているようです。

こんなレストランが近くにあったらいいなぁ。オストラバに引っ越そうか、とペトルと話したのでした。


場所は、オストラバの駅からトラムで10分ほど。
街の中心からほど近い「眠らない通り」と呼ばれている繁華街ストドルニー通り(Stodolní)を入ったところにあります。

「Gókaná Sushi Bar」
Stodolní 1293/3, 702 00 Ostrava
月・火 11:00-22:00
水〜金 11:00-23:00
土 12:00-23:00
日 12:00-22:00
http://gokana.cz