「モラヴィア大草原」への行き方(バス+徒歩編)


 
モラヴィアの大草原」は、地元の人に言わせると「草原?え、畑のこと?どこにでもあるけど??」という感じで、観光地では全くありません。実はここを訪れるのは日本人がメインです。

とはいえガイドブックにも情報の無い「モラヴィアの大草原」。しかも、広大な場所なのでどこを廻ったらよいのか悩んでしまう方も多いと思います。この記事では、有名な写真に写っているのはこの辺り、という目安になる場所へのアクセスをご紹介します。

 
公共の交通機関を使ってモラヴィアの大草原へ行くにはキヨフという街を拠点にします。電車のキヨフ駅まではプラハやブルノやウィーンから電車でのアクセスが便利です。プラハから4時間、ブルノから1時間、ウィーンから1時間半。チェコの田舎まで来ようと思っているような旅慣れた方にはここまでの行程はそれほど難しくないと思うので、ここではキヨフまでのアクセスは省きます。

(ちなみに、乗り換えなど諸々不安な方は、ツアーもおすすめです。(チェコのオプショナルツアー予約VELTRA)内に「モラヴィア大草原(緑の絨毯)」というツアーがあります。日本語で予約できるし、料金は自力で行くよりは上がりますが、車でピンポイントで連れて行ってもらえるので一番簡単安心な方法です。)

 
詳しくは、後述しますが、大まかな地図はこの↓通りです。草原が見やすい場所は、キヨフから南西方面へ数km離れたエリア

キヨフから徒歩やレンタサイクルで行く方法もありますが、ここでは、「バスで近くまで行き、徒歩で散策」という体力と時間を節約したい方のためのモデルコースを紹介します
 

(クリックで少し拡大)
 

Google Mapで表示させたい方は、こちら



 

①バス乗り場を探す

キヨフ駅からキヨフのバスターミナルのあいだは徒歩約15分離れています。街の中心を通り抜けるように歩くと、広場や教会があるので目に楽しいと思います。

バスターミナルの前にはスーパーマーケットのLidlとCoopがあるので、飲み物や食べ物を用意するならここで。特に、週末は閉まっているスーパーが多い中、Lidlは土日も開いているので便利です。大草原のど真ん中で熱中症になってはいけないので!

バスターミナルの場所

 

バスでは、まずStrážovice(ストラージョビツェ)停留所を目指します。
バスの系統番号は106番か661番。乗り場は4番。Strážoviceは二つ目の停留所で所要時間は約10分

 

バスの時刻表検索

昼間なら30分に1本くらいの頻度で出ていますが、時刻表を調べたい場合は、ホームページまたはアプリで検索できます。

ホームページの時刻表はこちら。
106番 / 661番(PDF)「PRACOVNÍ DNY」が平日、「SOBOTA+NEDĚLE」が土日。

アプリはチェコ国内専用なので、ダウンロードする際に「国を変更しますか?」と聞かれる場合があります。一旦変えても元に戻せるのですが、面倒なのでホームページでも十分かと。

for iPhone / for Android / HP

ちなみに、ほとんどのバス車両でフリーWiFiが使えます。

 

バスの乗り方(キヨフ〜ストラージョヴィツェ)

乗車は前の扉から。乗車時に運転手に行き先(ストラージョヴィツェ)を告げ、運転手に言われた料金を支払います。口頭で伝えられる自信が無ければスマホを見せるか筆談でOK。

チケットの種類は色々あり、行き先を聞いた運転手は時間チケットや区間チケットの中から適したものを渡してくれます(この↓チケットは「2セクション内で10分乗れる」 という種類)。ストラージョヴィツェまでは約10分なので、これと同じ「2セクション10分」チケットを渡されるはずです。料金は、16Kč(約72円)。チケットは、運転手の横にある機械から出てくるので、自分で取ります。

 

 
ちなみに、バスと電車は範囲によっては共通のチケットが使えます。例えば、同じ日にブルノから電車で来て、3時間券や1日券を持っている場合、時間内であればそのチケットを使うことができます。
ブルノから日帰りする場合は、ブルノで電車の切符を買う時に「一日券(190Kč、約960円)」を買っておきましょう。ブルノ−キヨフ間の往復だけでなく、キヨフのバスやブルノのトラムでも利用することが出来るのでとても便利です。

 

②バスの降り方

さて、無事バスに乗車できれば次は降りなければいけません。

バスには「降ります」ボタンがありません。乗客が少ない時間帯だと運転手は全ての停留所には停まらず、主な停留所と降車客がいる停留所にだけ停まります。車内アナウンスはだいたい無い(あっても聞き取れない)ので、今どこを走っているのかGPSで追跡するか停留所の名前をチェックして降りるタイミングに気をつけておいた方がよいでしょう。降りるときは、後方の扉からです。

鳥がぶつからないようにバス停には鳥のステッカー。


 
ストラージョヴィツェのバス停を降りた目の前に年季の入ったスーパーがあるので、飲み物など買い忘れがあればここでも買えます。

ストラージョヴィツェは、この周辺では高台にあたるので、一帯が見渡せます。ここで行きたい場所に目星を付けてもいいですね。
 

 
バスを降りるのが②の場所、ここからが徒歩で⑤を目指します。

とはいえ、お城や教会を訪れるのとは違い決まった見所があるわけでは無いので心の赴くままに歩いてもらうのが一番良いのですが、おそらく最短で、足に負担が少なく(上り坂が最小限)、絶景ポイントを見られる、と個人的に思っているコースがこちら↓です。(地図は前述のと同じ。)
 

 
コースの中で、緑色のラインにしているところは、実ははっきりした道がありません
「道が無い」というのは、畑と畑の間をぬって歩かないといけないからで、Google Mapでも道は表示されていませんが、航空写真に表示を変更すると歩けそうな所が見えると思います。

ただ、これも時期によって全く違いまして。簡単に歩ける時期もあれば、作物がすごく繁っていて通り抜けが出来ない時期もあるかもしれません。緑ラインで表示した箇所は100%通れるとは限らない、と考えおいてください。

もし、通り抜けが無理な場合は、薄ピンクで書いた左のルートが良いでしょう。こちらでも途中に別のチャペルがあるし、草原のうねりがとても綺麗な箇所もあります。そして、全て快適な舗装路です。

 

草原の中の小さなチャペル

有名な撮影スポットであるチャペルです。上記の通れないかもしれない緑ラインの途中にあります。近くまで行ける時でも、草の中を掻き分けて行く感じになるので、スカートにサンダルのような脚元では行かない方が良いと思います。トレッキングシューズとまでは言いませんが、草むらの中に何がいるかわからないので、素足は出さない方が安全かと。
 

 
撮影に向いているのは④周辺。大草原が見渡せる絶景です。これらの写真を撮ったのは菜の花の時期なので黄色い面積が広いですが、それ以外の春〜夏は緑色の絨毯が広がっています。
 

 
④→⑤はサイクリングロードとしても指定されている歩きやすい舗装路ですので、バス停まで1時間あれば歩けるでしょう。

 

⑤帰りのバス

「Svatobořice-Mistřín, škola(スバトボジツェ・ミストジーン、シュコラ)」バス停から乗ります。来た時と同じで、前の扉から乗り込み、運転手に行き先(キヨフ)を告げ、運賃(16Kč)を支払います。ここを通るバスは全てキヨフ行き、且つキヨフは終点なので、乗り間違える心配も乗り過ごす心配もありません。

ホームページの時刻表はこちら。
662番 / 663番(PDF)「PRACOVNÍ DNY」が平日、「SOBOTA+NEDĚLE」が土日。
昼間は30分に1本ほどあります。バス停の近くには可愛い民家や教会があるので、時間を潰すには困らないと思います。
 

 
約15分乗車すれば最初と同じキヨフのバスターミナルへ到着。休憩無しでスムーズに行けば出発から2.5時間ほどで帰って来られると思います。

地元民のわたしが考える最も早く楽でお金のかからないコースのご紹介でした。
(2018年5月改訂)
 
先日、キヨフの市民新聞に「モラヴィアの草原が日本や韓国で有名になっているらしい。プロモーションしていく良いチャンスだ云々」という記事が載っていました。地元の人が、当たり前すぎて見過ごしていた絶景に価値があることにようやく気付いたようです。


 
レンタカーでの行き方はこちら

4 Replies to “「モラヴィア大草原」への行き方(バス+徒歩編)”

  1. アバター のんのんち~ より: 返信

    はじめまして。私も名前はNorikoです。
    モラヴィアの大草原に行って見たく調べている最中です。こちらの情報は、大変参考になりました。
    ブルノから日帰りと考えておりましたが、ホテル情報を読ませて頂いたら、キヨフに泊まってみたくなりも迷い中です。
    情報が少ないモラヴィアの大草原の貴重な情報、お忙しいと思いますが、これからも宜しくお願いします。

    1. のんのんち〜さん、コメントありがとうございます!モラヴィアの大草原の情報書いたものの「あまり需要は無いだろうなぁ…」と思っていたので、少しでもお役に立ったなら嬉しいです。日程に余裕があるならキヨフ泊もオススメです(ブルノからの日帰りでももちろん大丈夫ですよ)。キヨフ泊のメリットは、朝から時間に余裕を持って草原に行けること。デメリットは、観光地じゃない田舎街なので、夜になるとホテルで過ごす以外にすることが無いことです。
      良ければまたブログに遊びに来てくださいね。

  2. アバター noriko@さいたま より: 返信

    初めまして。なんと私もNORIKOです。
    飛行機のマイル修行で5月にプラハへ行くことにし、プラハの街の建物ウォッチングをしようと思っていたのですが先日、新聞に掲載された旅行社の全面広告(白黒)にモラヴィアの大草原の写真があり、やられてしまいました。緑一色の時期でもあり、プラハはまたの機会にしてとりあえずブルノのホテルを予約し、プラハ空港から当日直接ブルノまで行くことに。
    一人旅なのでベルトラさんのツアーには申し込めずタクシーも一人だと何となく怖いし・・・とどうやってお目当ての草原に行けばよいか情報をさがしていたところ、こちらのページにたどり着き、大感激です。
    ブルノから日帰りにするか、キヨフに1泊するか、今また、悩み中です。
    詳しい情報をありがとうございます

    1. NORIKOさん!!初めまして。コメントありがとうございます。
      へぇ、新聞に写真が載っていたのですか!

      プラハはどの季節でも良いけど、モラヴィアの大草原は5月がベストなので完璧なご予定だと思います。
      それに、個人的には、ツアーよりも自分のペースで周る方法の方がより楽しめると思います!
      ちなみに、バス&徒歩以外だとレンタサイクル(平日のみ)でも周りやすいです。

      日程に余裕があるならキヨフ泊もオススメですが(特に観光地でも無いチェコの田舎街に泊まる機会もあまり無いと思うので 笑)、この時期は日が長いのでブルノ泊でもキヨフでの時間は十分取れますよ。もし、大きな荷物をお持ちなら電車移動が大変かもなので、ブルノに荷物を置いて日帰りの方が身軽かもしれません。
      もし何か分からない事があれば訊いてくださいね。

コメントを残す

※コメントは管理人の承認後に表示されます。お待ちください。