キヨフの夏祭り

この週末、わたしの住んでいる街キヨフでサマーフェスティバルが行われました。

特に伝統的なお祭りというわけではなく、雑貨屋食べ物の屋台が街の広場に並び、ステージではアマチュアバンドが演奏したり、色々ごちゃ混ぜな夏のお楽しみという感じ。

わたしとしてはやっぱりチェコらしい雑貨屋を見るのが楽しく、いくつか買い物をしました。

おばあちゃんのウールの手作り靴下 100Kč(約500円)。これ日本で売ったら2,500円くらいで売れるよ、おばあちゃん!
一足買って家に帰って履いてみたらすごく履き心地が良くて、買い足したくて翌日再訪してみたけど、サイズが無く断念。

ドライフラワーが可愛くて安くて(数十円〜)テンション上がるのだけど、家に十分あるよね、と自分に言い聞かせて見るだけです。

飾り用のジンジャークッキー 55Kč(約275円)。
香りはとっても美味しそうなのですが、あくまで飾りなので、食べたらダメだって言われました。ただし、飾りとしてはほぼ永久に使えるとのこと。

ヤギのミルクのスモークチーズ。小さいの一個が200Kč(約1,000円)。
スーパーで買うチーズに比べると高めですが、持ち帰って食べてみると美味しかったです。スライスしてパンと一緒に食べたり、しばらくチビチビと楽しめそうです。

チーズフライのバーガー。ジャンキー。

色々なフルーツのワイン

パン焼き窯持ち込みのパン屋さん

実演販売って日本だけじゃないんですね・・。日本のみたいに喋ってはいませんでしたけど。

民族衣装を着ている人も。はぁ、可愛い。特に男性の衣装に惹かれます。

魔女の遊具

挑戦1回につき20Kč(約100円)、てっぺんにある鐘を鳴らすことが出来れば500Kč(約2,500円)獲得、というゲーム。すごく難しい(というか不可能なようにできている?!)らしく、達成した人がいたかは不明です。もちろん挑戦はしていませんが、プルプルしながら上る人を見ているだけでも面白かったです。

夜には、民族音楽のダンスフロアになっていました。
キヨフ周辺は、民族音楽・ダンスが盛んなので、そういったクラブに所属した経験のある人が多いようです。中年〜年配の人がほとんどだけれど、若い人でも音楽を聞くと血が騒ぐ人はいるようで、とにかく楽しそうでした。

広場を一周見てまわるだけなら30分もあれば済むのですが、なんだか名残惜しくてコーヒーを飲みながらベンチに座ってしばらくお祭りの雰囲気を味わったり。日本の夏祭りと同じですね。特に用が無くてもブラブラしたい。
普段は娯楽の少ない小さな街なので、お祭りを満喫した楽しい週末でした。

コメントを残す

※コメントは管理人の承認後に表示されます。お待ちください。