2019年ブルノ本駅(Brno hlavní nádraží)改修中につき乗り換え注意!


 
ブルノ本駅が約1年間の改修工事に入りました。

2018年12月9日〜2019年末頃まで、本駅へ到着するはずの大半の列車は近隣の他の駅へ回されます(一部は変更無し)。ものすごく不便!

振替輸送に関する案内のリーフレットが配られていたので読んでみました。ここからPDF(英語版)が見られます。


 
A3両面分に細かい文字でギッシリ書いている割に、「イレギュラーに変更することもあるから念のためその都度調べてね!」との注意書きが・・・。

頑張って読んでも意味が無いようなので、気をつけるべき注意点だけを抜粋してみました。2019年中に鉄道でブルノへ行く方は是非目を通してください。
 


 

本駅の代わりに使われる駅は?

ブルノには、「ブルノ-◯◯」と名の付く駅がいくつもあります。

今回、工事が行われるのは一番大きな「Brno hlavní nádraží(ブルノ・フラヴニー・ナードラジー)」(意味は「ブルノ本駅」)。略して「Brno hl.n.」と書かれていることが多いです。

アナウンスで耳にしたり、案内板で目にしたりするので、「ブルノ・フラヴニー・ナードラジー」という読み方と「Brno hl.n.」の表記だけは覚えておくと安心です

期間中、本駅「Brno hlavní nádraží」の代替駅として使われるのは、下記の駅です。

  • Brno-Židenice
  • Brno Dolní Nádraží
  • Brno-Královo Pole
  • Brno-Řečkovice
  • Brno-Slatina
  • Brno-Černovice
  • Brno-Horní Heršpice
  • Brno-Chrlice
  • Modřice
  • Sokolnice-Telnice

沢山あってややこしそうですが、ここを読んでいる方が使うとすれば一つ目か二つ目のみの可能性が高いので、他はあまり気にしなくても大丈夫です。

 

代替駅から本駅までの行き方を知るには?

先に挙げたいずれかの駅へ到着したら、バス・トラム・列車のいずれかに乗り換えて本駅を目指さなければいけません。

何に乗り換えたら良いのか、移動手段を調べる方法は、3つ。
 
 
1. 路線検索アプリで調べる

以前にも紹介したことのあるチェコ国内の路線検索アプリ「Jízdní řady IDOS」。
振替輸送もアプリの検索結果に反映されるので、普通に使えます。

Jízdní řády IDOS
無料


検索する際の注意点は、行き先をフルネームで「Brno hl.n.」と入力すること

「Brno…」と入力すると「Brno(town)」や他の「Brno ◯◯駅」が候補に出てきますが、それらは選ばないでください。「Brno(town)」だと本駅以外の駅に到着する結果も含まれてしまうからです。

ブルノ市街を移動するためのトラム・バスを検索したければ、画面左上のプルダウンから「Brno+IDS JMK」を選択してください。長距離列車ではない、ブルノ市街とその周辺(南モラヴィア)エリアの公共交通機関のみが結果に反映されます。

リーフレットで「IDS JMK POSEIDON」という路線検索アプリも紹介されていますが、そちらは「Brno+IDS JMK」地域に特化した路線検索が出来ます。上記のアプリとどちらを使っても検索結果は同じ。
「IDS JMK POSEIDON」は、アプリ上でチケットを購入出来る点が便利なのですが、言語がチェコ語のみです。


2. 駅の案内スタッフに尋ねる

オレンジ色のベストを着たスタッフが駅の分かりやすい場所にいます。振替輸送の案内係です。
普段は、案内用の駅員などいませんが、改装工事中に限り特別に配置されています。ただ、始発から終電まで常にいてくれるのかは不明です。


 

3. 他の人に付いていく

乗客の大半は本駅へ向かいます。人の流れへ付いて行けば自ずと本駅にたどりつけるはず?!(この方法は、念のため検索アプリと併用してください。)


 

プラハまたはウィーンからブルノへ到着する場合

プラハやウィーンから長距離列車でブルノに到着する場合、České Dráhy(チェコ国鉄)かRegio Jet(私鉄Student Agency)を利用すると思います。どちらも停車駅は同じで、降りる駅の選択肢は二つ。「Brno-Židenice」駅か「Brno Dolní Nádraží」駅です。

降りた後のアクセスが違うので、状況によって便利な方を選んでください。
 
1.「Brno-Židenice」で下車→鉄道

列車に乗り換えて本駅まで一駅、所要時間5分。昼間なら10分に1本くらい来るのでそれほど待つこともありません。個人的には、この駅を利用するのが簡単だと思います。

※注意※ České dráhyで到着した場合は、その切符のまま乗れますが、Regio Jetの場合は、Brno-Židenice〜Brno hl.n.区間の料金(12Kč)の切符を買う必要があります。

↓Brno-Židenice駅。本駅に着くつもりでこんな小さな駅に着いたらビックリしますね。

 

2.「Brno Dolní Nádraží」で下車→バス

バスに乗り換えます。駅前から本駅行きのバスが頻繁に出ています。
バスの路線番号がいくつかありますが、České dráhyの切符を持っている人は全てのバスが無料

Regio Jet利用者は、61番のバスのみ無料で乗ることができます。他の番号に乗る場合は、料金(11Kč)が必要です。切符は運転手から購入可。


3.「Brno Dolní Nádraží」で下車→徒歩

徒歩でも15~20分ほどと近く、途中に大きなショッピングモールもあって道中楽しいので、身軽だったら歩いても問題無い距離です。

 

まとめ

現在のブルノ本駅は、チェコで最も古い駅の一つで開業は1939年。

外観とエントランスはアールヌーボ式でかっこいいのですが、それより中はキレイとは言い難く、街の進化に取り残されているかの様です。何より列車の本数に対してサイズが不十分とのこと。

1年間の不便は我慢するから、どうか使いやすい駅に生まれ変わってくれることを願います。

 

6 Replies to “2019年ブルノ本駅(Brno hlavní nádraží)改修中につき乗り換え注意!”

  1. アバター チェンコ より: 返信

    10月下旬のBrno到着日辺りから駅周辺も工事開始でイレギュラーなトラム路線にだいぶ惑わされました。これから1年、プラハ方面からBrnoへ来る友人もいると思いますので、今回のこの記事、大変為になりますね!まとめていただき、ありがとうございます♪

    1. チェンコさん
      路線変更されるとほんと戸惑いますよね〜。言葉不自由だから尚更。
      お友達が来られる時には詳しく説明してあげないとですね。よく分からん寂れた駅に着いたんですけど!ってなったら大変です。笑

  2. アバター ゲンゲ より: 返信

    はじめまして。
    今月末にチェコ旅行を予定しており、モラヴィア大草原の情報を探していてたどり着きました。プラハからレンタカーで何か所か周り、ブルノで返して電車でウィーンへ抜けるつもりでしたので、こちらの情報は非常に助かりました。危うくブルノ本駅で途方に暮れ、電車に乗り損ねるところでした。貴重な情報、ありがとうございました。
    なかなか目にすることのないモラヴィアの情報や、素敵な写真も楽しませていただいております。

    1. ゲンゲさん、はじめまして。コメントありがとうございます!
      ブルノ本駅改修の情報、お役に立って良かったです。
      ウィーン行きだと、ブルノ本駅の代わりに「Brno dolní nádraží」発のようですね。記事中にも書きましたが、本駅から徒歩圏内なのでそれほど面倒では無いと思います。
      レンタカーで周られるの良いですね。お気をつけて楽しいご旅行になりますように!

  3. こんにちは。
    今回ブルノを訪問するにあたって大変参考になりました。情報ありがとうございます。
    現地で初めて本駅に行かないことを知ったらおそらくパニックになっていました。笑

    1. monさま、はじめまして。現地では目立った案内が無い(あっても大体チェコ語)ので分かりづらいんですよね…。お役に立てて良かったです!

コメントを残す