チェコのイースターは女性にとって良い事なし?

チェコのイースターは少し変わっています。

多くの国では卵を庭に隠して探したり、卵を転がしたりするそうですが、チェコ(とスロバキア)では、男性が鞭で女性のお尻を叩きます!ど、どういう事?!イマイチ想像が付かなかったので、それが行われるというイースターマンデー(イースター翌日の月曜で祝日)に街を歩いてみました。

チェコでの日曜や祝日って街が閑散としているのですが、この日はあちらこちらで男性を見かけました。赤ちゃんからおじいちゃんまで、確かにみんな手に鞭を持っています!
この「ポムラースカ」と呼ばれている鞭は、若い柳の木を編んだものにカラフルなリボンが付いていて鞭と呼ぶにはとても可愛いモノです。ペトルは子供の頃、家で作ったそうですが、スーパーやマーケットでも買うことが出来ます。

近くで写真を撮れなかったのが残念。みんなこんな風に鞭を持って歩いています。かっこいい民族衣裳を来ている子も。


 
鞭を持って親戚や知り合いの女性の家を訪ねます。女性は家で待っていないといけないからでしょうか、不自然なほど街に女性の姿がありません。お尻を叩かれたら、女性はお菓子をあげ、さらに、鞭にリボンを足してくれるんだそうです。
 

 
男の子たちにとっては家を訪ね歩いてお菓子をゲット出来る楽しいイベント。ハロウィンっぽいですね。


 
叩かれた上にお菓子渡さなあかんって女性にとって良い事無いやん!と思ったら、実際は男性が来たら女性はお菓子を渡しながら「ありがとう」と言うそうです。イースターにお尻を叩かれると子宝に恵まれるのだとか。ペトル曰く、この妙な風習は男女が出会うきっかけ作りでもあったんじゃない、とのこと。確かに、公然とお尻叩いてキャッキャ出来るなんて出会いを求める若者には絶好の機会ですもんね。

我が家は今のところ出会いを求める必要は無いので、飾り付け様の卵とチョコレートを自分たち用に買いました。


 
2ヶ月近く前からイースターグッズをお店などで見かける様になって、無宗教の人が多いチェコ人にとって何がそんなに楽しみなのかと思っていたけど、クリスマス以降大きなイベントも無くただただ寒い冬に耐えてきた人々にとって春の訪れを祝うことができる大切なお祭りなんですね。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。