ミュシャ(ムハ)「スラヴ叙事詩」2019年以降の展示予定は?


 
 
結論から言うと、「スラヴ叙事詩」の2019年以降の展示の予定は無し
一旦は保管庫へ、という事が決まっています。
 

これまでのスラヴ叙事詩

アルフォンス・ミュシャの代表作、「スラヴ叙事詩」

2017年の日本での展覧会では全20作品が初めて揃って国外で見られるということで65万人を動員し、その年の美術展動員数1位に。2018年はプラハとブルノで別々に展示。

それ以前は、2011年までは南モラヴィアのモラフスキー・クルムロフ城に、2012〜2016年はプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿に展示されていました。

そして、現在(2019年1月)は、どこにも展示されていません。
 
 
スラブ叙事詩のオーナーであるプラハ市は、展示出来る場所を作りたいと考えてはいるそうですが、予算面や場所をどこにするかでまだ議論の途中で、具体的なプランは決まっておらず「プラハに展示出来る場所は少なくとも今後3年間は無い」とのこと。

となると、元々あったモラフスキー・クルムロフに戻すのが筋。モラフスキー・クルムロフ城は、温湿度管理やセキュリティー面が完璧では無かったそうですが、もし戻って来るなら設備を整える準備は出来ているとのこと。
いずれにせよ決定権はプラハ市にあり、その結論次第の様です。
 

 

ミュシャの孫vsプラハ市

スラヴ叙事詩を巡っては、アルフォンス・ミュシャの孫ジョン・ミュシャ vs プラハ市で訴訟が起こっています。

ミュシャは、1928年にプラハ市にスラヴ叙事詩を寄贈しましたが、その時の条件が、「チェコ国内で展示する」「展示場所を作る」ことだったにも関わらず、未だ恒久的な展示場所が無い上に、国外(日本)へ持ち出した、と。

ジョン・ミュシャの方は、「市が現実的な計画をきちんと考えてくれるなら訴訟を取り下げることも検討する」と言っているそうですが、それに対して文化担当市議会員のコメントは「日本人の方がブルノの人よりずっと興味示してくれたけどね」・・・。まぁその通りなのかもしれませんが、ちょっと攻撃的ですねぇ。さて、和解出来るのかどうか?!

 

まとめ

残念ながら、スラヴ叙事詩は、当分は展示されず市の保管庫に保存されます。

今後展示されるとすれば、モラフスキー・クルムロフ城が最有力ですが、具体的な予定はありません。
プラハ市が新しい場所を建設するとしたら2022年以降になるでしょう。

どこかへ貸し出す可能性もありますが、国外へ持ち出したことで揉めている最中なことを考えると当分は国内限定でしょうか。チェコ国内での企画展を目指すにしても、作品のサイズがとにかく大きい事や温湿度などのシビアな条件を満たす場所がそう多くあるとは思えません。

ミュシャ本人がチェコ国内で展示されることを望んだのですから、「スラヴ叙事詩」が落ち着ける場所を早く作って、チェコを訪れる方が見たい時に見れる環境が整うことを願います。
 

参考元:
「SLAVIC EPIC’S LOCATION BACK IN PLAY」『PRAGUE.TV』
https://prague.tv/en/s72/Directory/c206-Art-and-Culture/n16649-Slavic-Epic-s-location-back-in-play(2019.1.7)
「Slovanská epopej se možná vrátí do Moravského Krumlova. Praha zatím nemá prostor, kde ji vystavit」『Česká televize』
https://ct24.ceskatelevize.cz/regiony/2708813-slovanska-epopej-se-mozna-vrati-do-moravskeho-krumlova-praha-zatim-nema-prostor-kde(2019.1.17)


8 Replies to “ミュシャ(ムハ)「スラヴ叙事詩」2019年以降の展示予定は?”

  1. ムシャ ファン より: 返信

    こんにちは!
    2019年ゴールデンウイークに、プラハを訪問予定にしている者です。
    スラブ叙事詩を観れるとワクワクしていたのですが、Norikoさんのブログをみて 衝撃を受けています。
    また、進展がありましたら ムシャファン達に是非 配信をお願いします!

    1. ムシャファンさん、はじめまして。コメントありがとうございます。
      プラハにいらっしゃるのですね。せっかくの機会なのにスラヴ叙事詩の展示が無くて残念です…。
      その頃には状況が進展しているかもしれませんし、展示の情報を見つけたらまたポストしようと思います。

  2. 愛猫とら より: 返信

    愛猫とら
    ミュシャのスラブ叙事詩………………
    2018年の10月にプラハに12日間観光で滞在した時に、市民会館(Obecni dum),スメタナホールがある建物に11枚だけ展示されているのを観ました。たしか20枚と記憶していたので、??。
    大きいので、建築現場の足場の金属の棒に、張られている状態でした。薄暗がりでの鑑賞で、
    よく見えない。その時、そのプラハから、パリに私は移動しましたら、なんと、サン ジェル マン デ プレに会場名は記憶してませんが、残り半分が来ていることが判明しました。
    だから、プラハで、半分を見ても、感動出来ない理由が判明しました。絵に対する感動よりも
    彼の祖国愛を叫ぶ感情には感動します。私は彼のパリ時代の幸福に満ちた女性の絵のほうがすきです。スラブ叙事詩はチェコでまとめて鑑賞することが、彼も安心すると思います。
    パリで残りの半分は観に行きませんでした。…………

    1. 昨年の10月ですと、プラハで展示されていなかった残りの9枚はチェコで展示されていましたよ。ミュシャの故郷に近いブルノでチェコスロバキア建国100年記念の一環でした。
      パリでの回顧展はポスター作品中心だったようです。

  3. 愛猫とら より: 返信

    Noriko さん、お返信ありがとうございます。
    私の昨年の初めてのプラハは、私の記憶違いで、11月1日から始まりました。パリは11月の
    中旬の頃でした。同じホテルに日本人の滞在者がいらして、近くに展示されているので、もう薄暗い時間なのに、〜〜〜今から行くと聞いて、私は、残りの9枚が来ているのだと早トチリしたのですね。……………ブルノですか。
    叙事詩はまとめて鑑賞しないと残念な感想になりがちです。…………これは私の感想。

    1. 数年後には20枚揃って、且つ良い状態で展示することが出来る場所が作られる可能性が高いので、その機会を待つのが良いでしょうか。相当大きな場所が必要になりそうです。

  4. 愛猫とら より: 返信

    Noriko さん
    プラハ叙事詩ですが、芸術家って、とんでもない事を成し遂げるんですね。体力がないと描ききれないね。バチカンのミケランジエロの天井画、
    あの大きさの絵を描きながら展示の仕方まで考慮することなかったのかな………。
    確か民族の存在の危機が関連してましたよね。……説明くわしく読んでいないので、間違えて認識してるかも。………

    1. そうですね。体力が無いと無理ですね。それに支援してくれるパトロンも。
      スラヴ叙事詩は18年かけて描いたそうですが、昔の芸術家はスケールが違うなぁと。

コメントを残す