アエロフロート体験 成田〜シェレメーチエヴォ〜ウィーンからキャンセルまで

アエロフロートを利用したのは初めてでした。関空に就航してないんで今まで選択肢になかったのですが、渡航前にちょうど東京に用事があったので成田発を検索してたらあまりの安さに驚きました。新幹線乗ってでも成田から発った方が安い・・・。

とはいえ、予約するまで少し悩みました。だって、おそロシアなアエロフロート!

しかし、リサーチしてみたところ、どうやら最近のアエロフロートは全く問題ない?シェレメーチエヴォ国際空港も改装してから快適だとか??
機上で感じたこと、曖昧なトランジットビザのこと、キャンセルの方法について書きます。

 

シェレメーチエヴォ国際空港での乗り継ぎにビザはいるのか?いらないのか?

アエロフロート(モスクワ乗り継ぎ)での不安要素、乗り換えの通過ビザ(トランジットビザ)について。
ビザが要るのか要らないのか、これがググっても確信が持てる答えを見つけられないのです。シェレメーチエヴォ国際空港の同ターミナル内でのトランジットだとビザは不要らしいのですが、航空券購入の時点ではどのターミナルに着くのか確実には分かりません。
アエロフロートのカスタマーサービスに電話で聞いても流暢な日本語を話すロシア人(想像)オペレーターに「アタシの経験ではおそらく要らないですけどー、100%ビザが要らないとは言えないんですよー、ロシア大使館に聞いてもらえますかー」と言われ、ロシア大使館に電話をかけるも全然出ない!日や時間を改めてかけても全く出ない。どうなってるのロシア大使館・・・。もう諦めてチケット予約しました。大丈夫なことを祈って。

結果は、後ほど・・・

 

機上のサービスとシェレメーチエヴォ国際空港

成田 ー<10時間25分>ー モスクワ(乗換3時間)ー<2時間55分>ー ウィーン

往復 65,010円

安いですねー。中東経由の路線だと近い価格の路線はあるし機内食が美味しいけど、フライト時間が長いのがとにかく嫌なので却下。時間(=快適さ)優先だとフィンエアーが最短だけど価格面で却下。中国系の航空会社は安いけど嫌な経験しか無いので却下。フライト時間がフィンエアーと同じくらい短く値段も安いアエロフロートは最適な選択肢でした。
ウィーン着にしたのは、うちはチェコだけどプラハよりオーストリアのウィーンの方が近いからです。プラハ着のフライトでも、時間・値段ほぼ同じです。

エコノミーだと受託手荷物は1個まで。私はスーツケース1個を追加で預けました(合計2個)。レートによって変わりますが、11,300円をカウンターで支払いました。事前に予約しておくともっと安いわよ、って後ろに並んでいたベニス在住のマダム(日本人だけど雰囲気的にマダムだった)が教えてくれました。

全てオンタイムで進み、機内の設備もいたって普通、トイレもマメに掃除されてるし、CAさんも優しく(怖いの想像してた)、特に問題ありませんでした。唯一、微妙だったのは機内食。これはベジタリアンミールなので一般食はどうか分かりませんが、左のご飯が全く口に合わなくて食べられませんでした。豆のサラダとパンと蜜柑は普通に美味しかったです。フライトに飽きてきた頃にアイスを配られたのも良かったです。


 
シェレメーチエヴォ国際空港到着。素敵な空港!って程でも無いけど、フリーWi-Fiも簡単に繋がったし、新しくて普通に清潔で問題なし。文字が全く読めませんが、これはバーガーキングですね。

 

シェレメーチエヴォ国際空港での乗り継ぎにビザはいりません!

そして、心配していた通過ビザは・・・必要ありませんでした!
私はターミナルDに到着し、乗り継ぎ便はターミナルEからの出発でした。アエロフロートのサイトに色々なパターンの乗り換え案内が丁寧に書いてあるんですが、どういうわけかD→Eの乗り換えパターンがありません。D→Eを移動してみた結果、どう考えてもD→E乗り継ぎは通過ビザは必要ありません。歩いてすぐの距離なので乗り換えに迷うことはありませんので、安心してください!

セキュリティチェックはカタチだけやん、と思う簡単さで、液体持ってようが何持ってようがスルーです。こちらとしては楽でいいけど、やる意味あるんあれ。

恐れていたことが一つだけ起こりました。2月のモスクワ夜8時に外を歩くタイプの搭乗!殺す気かな?!東南アジアのサーフィン帰りみたいなTシャツ短パンのお兄さんとかいたんですけど・・・。写真では雪無いし普通の夜みたいですが、マイナス20度レベルで、今までの人生で経験したことのない種類の寒さでした。


 
モスクワからウィーンへもオンタイムで出発&到着。搭乗ゲートが2回も変更されて行ったり来たりして疲れた意外は拍子抜けするほど普通の接客に普通のフライト。シーズンによるとは思いますが、空いていて2便とも隣りが空席だったので、むしろ快適でした。

 

アエロフロートのキャンセル方法(エクスペディアで購入)

アエロフロートのウィーン→成田の片道航空券をキャンセルしました。

チェコに引っ越した際、まだビザを持っていない状態だったため、往復の航空券を購入しました。旅行者として滞在しながら現地で長期ビザを申請するのは合法ですが、入国の際に帰りの手段を持っていないのはアウトなので、帰る予定は無くとも一応復路のチケットも持っておかなければいけません。とりあえずは引き続きチェコに滞在出来ることが決まったので、まだキープしていた帰りの便を予定通りキャンセルしました。
ちなみに、片道より往復の方がどっちにしろ安いよね、と言われますが、私の場合は片道の方が半額とまではいかないまでも安かったです。

アエロフロートにキャンセル方法を問い合わせたところ、代理店で購入した場合は、その代理店経由でのみキャンセル出来るとのこと。私はエクスペディアで買ったので、エクスペディアに連絡をするように言われました。

エクスペディアのサイトでは、「航空券のキャンセルは電話で」とのことですが、私はチェコでは電話を持っていないため、まず問い合わせフォームからメールでのキャンセルが可能かどうかを問い合わせました。返信は遅かったけど、メールでもキャンセルを受け付けてくれました。なお、日本にいて普通に電話が使える場合は、日本語対応の電話番号にかけるのが一番早いと思います。

返金は期待して無かったし、実際往路分の代金は返って来なかったのですが、「未使用分の税金」として7,400円が返金されました。期待して無かっただけに嬉しい臨時収入。

総合するとアエロフロートは至って普通でした。ネタになるようなトンデモ体験が無く残念。日本に一時帰国するのはいつか分からないけど、チェコと日本の往復にまた使うと思います。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。