チェコ人がチェコ人に外国人だと思われるシチュエーション

チェコへ来て私を一番落ち込ませたことは、街を歩けばジロジロ見られるということでした。海外では程度の差こそあれ見られるのは当然ですが、旅行者として経験したそれとは受け取る気分が違うものだと思い知りました。

日本に住んでいる外国人が「日本人がジロジロ見てくるのなんで?」と言っていても「それは、美人だな〜とかかっこいいな〜とかポジティブな理由で見てるから悪く思わないで」と言ってきましたが、チェコ人が私を見る時、何を思っているのかはまだよく分かりません。チェコにはベトナムからの移民が多いので、ベトナム人だと思っている人もいるかも。
ポジティブにとらえれば、アジア人だから見下している、というよりは、ただ自分と違うルックスの人を「顔平たいなー」とか「足短いなー」と珍しがって見ているのだろうと思います。日本人が欧米人を「彫り深いなー」「足長いなー」と悪気なく眺めるように。

最近では私も見られることに慣れてきたし、街の人も私を見慣れたのかもしれませんが、以前ほどは他人の目線が気にならなくなりました。
自分に余裕が出てきた最近気になり始めたのが、夫であるペトルも私と同じくらい見られているのでは、ということ。もし、自分が日本で日本人と外国人のカップルを見たら、外国人に目がいくと同時に日本人の方もチラ見すると思うからです。

日本では、外国人&日本人のカップルは多いですが、チェコの田舎では同じ人種同士の組み合わせが圧倒的に多く、異人種カップルはアジア人カップルより珍しいです。(留学生の多い大学のあるような街だとまた風景が違うと思います。)

昨日、ペトルと二人でスーパーに行ったとき、レジでこんなことがありました。

レジ係「これで全部ですか?」
ペトル「はい」(声が小さかった)
レジ係「・・・?? Do you speak Czech?(英語で)」

私と一緒にいたのでペトルも外国人だと思われたんですね。どこからどう見ても東欧顔なのに。ちなみにスーパーの店員さんが英語話せるのも大変珍しいですが、彼はいかにも英語を話せそうなイケてるお兄さんでした(下の写真)。

もし、ペトルが一人だったなら、そのお兄さんはふつうに聞き返しただけだったと思うんですけど、私のせいで外国人と思われる。こういうことは初めてではありませんでした。
今思い出すと、私も日本で外国人の友人と一緒に出かけると店員さんからカタコトの英語で話しかけられるということが何度もありました。で、「日本語で大丈夫ですよ」と言うとホッとされるという流れ。言葉が通じないと身構えるのは当然です。

最近日本は急激に訪日外国人が増えて外国人が珍しいなんて言ってるヒマもないほどだけど、チェコでの感覚は少し前の日本みたいな感じなのでしょうか。「気にはなるけど言葉通じないのは困る、ていうかナニ人?」みたいな。そして、「アジア人と一緒にいるならこの男も外国人の可能性が高い」と。今まで「見られるの嫌や」とペトルに愚痴っていたけど、彼も同じくらい見られてたんだとやっと気づきました。

なお、当の本人は気にするどころか「僕が全身ユニクロ着てたからチェコ人っぽく見えなかったのかも」と喜んでいます。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。