愛すべきチェコのカラフルな住宅

チェコの住宅や団地はとてもカラフルです。
キヨフへ越してきてまだ買い物も一人では不安だったころ、近所の住宅を見て歩くのが楽しみの一つでした。ついに近所は歩き尽くしたので、気に入っている場所の写真をいくつかを載せたいと思います。
 
隣りの家と同じ色には決してしません。
もしくは、してはいけない、という暗黙のルールがあるのでしょうか?

二軒がくっついているカタチの家も多いです。
くっついていますが、必ず違う色を使っているので、はっきりと二軒だとわかります。
ちなみにこれらの家は小さく見えますが、奥行きが長く、しかもさらにその奥に広い庭があることが多いです。道路側から見るとこんなにこぢんまりしているのに。

団地やマンションなどの集合住宅も負けじとカラフルです。
それにしても、こういった色の組み合わせは日本人の美的感覚にはありません。いや、とても可愛いのですが、少なくとも公共の建物に使う類の色ではありません。パステルでもないビビットでもないこの中途半端な色彩。
チェコの伝統衣装や陶器などは赤・黒・白のようなハッキリとした色使いなので、これらの色はどこから来たのだろう、と思います。

チェコのこういったデザインの集合住宅を見ると共産主義を感じます。
暗い時代にせめて建物は明るい色で、どうせなら柄も遊んじゃえ!という思いでもあったのかもしれません。わたしの想像ですが。

カラフルな家も目に楽しくて好きですが、実は一番のお気に入りはこの建物です。落ち着いた色のボーダー柄のような模様。

カラフルな家もシンプルな家も家の中は外観と全く違ったりします。
義母の家は前述したような団地だけど、中はリフォームされているので外観とは全く違う落ち着いた内装。義妹の一戸建ては真っ黄色の外壁だけど、中はモダン。わたしの住んでいるアパートも外観はオレンジだけど、屋内がオレンジというわけではありません。

まだチェコ人の家にお邪魔したことはあまりないので、色々な家の中をのぞいてみたいです。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。