NHK「ちきゅうラジオ」でチェコのニュースをお話ししました

NHKラジオ第一の「ちきゅうラジオ」という生番組に電話出演しました。

世界にいる日本人に電話インタビューしたり、日本に住んでいる外国人をゲストに迎えたり、世界の情報を伝える番組です。わたしはその中の「世界のイチメン」という海外の新聞記事から面白いニュースを紹介する8分間ほどのコーナーでお話しさせてもらいました。

取り上げたのは、チェコのDNES新聞から「チェコの全ての犬に、個体識別の “マイクロチップ” の装着を義務化」という記事です。
チェコ国会の下院でこの法案が通ったらしく、上院でも通れば(だいたい通る)、2020年から全ての犬にチップの埋め込みが義務になるそうです。

チェコでは3人に1人の割合で犬を飼っていると言われているくらい犬が多いんですが、わたしがふだん街中で犬を見て感じたことや、チェコでの犬に関する法律やマナーについてお話ししました。

私は今は犬を飼っていませんが、犬大好き人間なので、この記事を選ぶことができて良かったです。普段から道ゆく犬をジロジロ観察してきたことがこんなかたちで活かされるとは。

喋る内容は基本的に新聞記事から、プラスわたしが他の媒体から調べたことをNHKのディレクターさんがまとめて大まかな流れの原稿を予め作ってくださいました。そこから事実を曲げない範囲で自分の言葉で喋ります。棒読みではなく、自然に楽しく喋る感じがよい、と言われたのですが、家で何度か練習しながら「どうも自然に喋れないなぁ」と思って気づいたのが、わたしなぜか無意識に標準語で喋ろうとしてた!

恐る恐る「関西弁で話してもいいのでしょうか?」とディレクターさんに尋ねると「むしろその方がいいです!」と言われてひと安心。でも、普段方言の人でも、緊張のせいでラジオパーソナリティーの標準語につられる人が多いそうです。
出だしが大事だとアドバイスをもらったので、意識して関西弁で喋りだしました。おかげで全編通してきつ過ぎない適度な関西弁で喋れたかと(笑)。

放送のアーカイブはちきゅうラジオ番組ウェブサイトから1週間後まで聴けます。「7月16日(日)の聴き逃し配信」の冒頭の方で喋っています。

人前(前?)で喋るなんて慣れてないし、ちゃんと話せる自信ないし、お話しいただいた時は断るべきか悩みました。不安の通り直前は緊張してどうなることかと思いましたが、始まってみると緊張というより楽しんで話せたので勇気を出して出演して良かったです。貴重な経験をありがとうございました!

2 Replies to “NHK「ちきゅうラジオ」でチェコのニュースをお話ししました”

  1. アバター 通りすがり より: 返信

    はじめまして。
    ラジオ放送を聞きました。いつもブログを読んでいるのでノリコさんの声を聞けて嬉しいかったです。❤️❤️❤️
    ブログのとても写真が好きです。

    これからもキヨフ生活の報告を楽しみにしています。

    1. はじめまして。コメントありがとうございます!そして、ラジオも聴いてくださって嬉しいような恥ずかしいような(笑)でも、ありがとうございます。

      そう言っていただけるととても励みになります。これからもよろしくお願いします 🙂

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。