チェコでの婚姻とビザ申請の手続き(その4:離婚証明書・アポスティーユ・翻訳)

前回、渡航までの準備を書きました。

今回は、わたしがチェコへ渡ってから2週間ほどの間に行った手続きについて書きます。この頃が一番書類の手配が予定通りに進まず先が見えないことにイライラしていた気がします。

わたしたちは少しのあいだ日本で一緒に暮らしていました。わたしの渡航よりペトルが一足先にチェコへ戻り、わたしの到着までは、市役所に必要書類を問い合わせたり、翻訳会社に翻訳の依頼をしたり、少しずつ準備を進めてくれていました。

渡航より
13日目
ペトルがプラハに仕事の用があったため、わたしもそれに付いて行って泊りがけで滞在していました。その時に、キヨフ市役所から婚姻書類のことで電話があり「追加で離婚証明書が必要です」と言われました。

離婚証明書???

今まで国際結婚に関することは散々調べたのに初めて聞いた言葉でした。よく考えればそれはそうで、みんな初婚だからですよね。離婚歴がある人にのみ必要な書類です。

離婚証明書

最初聞いた時は「そんな書類存在せんやろ」って言いました。だって、戸籍謄本に離婚の詳細は全て書いてあるし、独身であることを証明する婚姻要件具備証明書も持ってるんだから、それらが代わりになるんじゃないかと思いました。
チェコ側が「○○○証明書」が必要です、と言っても、国によってはぴったり同じ書類が存在しない場合もあります。もし日本にその書類がなければ、代わりのものでも構わないのです。

離婚証明書というものを聞いたことが無かったわたしは、「無いです」で乗り切れると思ったのですが、念のため在チェコ日本国大使館に電話してみると「こちらで発行できますよ」と予想外の返事。だったら今から貰いに行きます!と、その足で大使館へ向かいました。
離婚証明書の申請には戸籍謄本とパスポートの提示が必要です。翌日に、翻訳会社に行く予定だったので、幸いなことに戸籍謄本も手元に持っていたのです。プラハから遠方に住んでいるわたしにとっては本当にラッキーでした。


日本国大使館のサービスは完全に日本でした。入り口のガードマン(チェコ人のおじさん)までが笑顔対応で、受付の流暢な日本語を話すチェコ人のお姉さんは優しいし。お役所なのにめちゃくちゃ癒されました。

離婚証明書はその場ですぐに発行してもらえました。誰が・いつ・誰と・どこで離婚したかが書かれているだけで、全て戸籍謄本に書いてあることです。そりゃあ持参した戸籍謄本を元に作成したんだからそれ以上の情報は載ってるはずがありません。この書類が本当に必要だったのか改めて疑問が・・・。手数料は現金で240Kč(約1200円)。

もし、離婚証明書を日本で用意しようと思ったらぴったり一致する名前の書類はないそうですが、離婚届を提出した役所へ行けばそれにあたる何かを発行してもらえるようです。
わたしはチェコで発行してもらったので、内容が全てチェコ語で書かれていました。要は、翻訳する必要がない!翻訳代が浮いてかえって助かりました。

あと、この日キヨフ市役所からの電話でもう一つ妙な指示をされました。
「日本でどこに住んでいるかを証明するものがいる」と。
そう言われても、もう住民票は抜いてるし今は証明できる住所ないよ?どうすればよいのか尋ねたら「○○のレジデントだって “書いて” くれたらいいから」。本当にそんなのでいいのか5回くらい聞き直しましたが、それでいいと言うので、結局白いコピー用紙に、

私は京都市の住民です。
2017年2月22日 プラハにて
(名前・サイン)

と手書き(日本語)で書くことで、京都市の住民だってことにしました。もう転出してるけど。
これにも翻訳が必要なので、同時に翻訳会社に依頼しました。この紙キレが本当に必要だったのかは今でも怪しいと思っています。

 
14日目

チェコ外務省でアポスティーユを貰う

前日に手に入れた離婚証明書にアポスティーユを貰わなければいけません。日本国大使館で、チェコの外務省へ行くように言われました。場所はプラハ城の入口のすぐそば。

こういうのってすごく待たされたりするんだろうなぁ、と思ったので早起きして朝イチで行ったら、なんと10分で終わりました。離婚証明書の裏に小さい紙を貼って判子を押されただけで手数料はたっぷり600Kč(約3000円、収入印紙で)。

プロの翻訳でも自分で確認すべし

日本語の書類は全て公認通訳士によるチェコ語への翻訳が必要です。戸籍謄本など一式の翻訳はプラハの翻訳会社に依頼しました。
プラハまで遠いため、事前にスキャンして翻訳作業は進めてもらっており、この日は書類の原本を持参しました。

最終的には、原本、アポスティーユ、翻訳をまとめて綴じた状態にしてもらいます。例えば紙一枚の戸籍謄本でも、

・戸籍謄本
・戸籍謄本の翻訳
・戸籍謄本の翻訳の翻訳者の証明書
・戸籍謄本のアポスティーユ
・戸籍謄本のアポスティーユの翻訳
・戸籍謄本のアポスティーユの翻訳の翻訳者の証明書

という風に、戸籍謄本1枚に対して最終的には6枚仕立てのたいそうな冊子になります。

この日は、もう一つ翻訳業者に確認しなければいけないことがありました。事前にもらっていた翻訳をキヨフ市役所に見せて内容に問題がないかを確認してもらっていたのですが、そこで、なぜか「本籍地の住所がどこにも書いてない」と言われていました。戸籍謄本に本籍地は書いてあるのになんでだろう?と思い、ペトルに「謄本のこの部分わたしの本籍住所やけど?」と差したら、「翻訳が京都市役所の住所ってことになってる…」と。翻訳間違いのせいでわたしの住所が無いことになっていたのでした。

わたしはチェコ語が分からないし、ペトルは日本語が分からないので、確認しようともせず気づくことができませんでした。それを翻訳会社に直接行って説明しました。悪びれる様子がなくイラっとしましたが、数日で修正してくれました。

こういった書類の翻訳はほぼ名詞なのでそれほど難しくはありません。google翻訳でもいいから自分たちで確認しておくべきでした。
国の公認を受けた通訳士の仕事でも過信してはいけないと学びました。
 
公認通訳士のリストは市役所から貰いました。それによるとチェコ国内に有資格の通訳士は17人いることになっていましたが、問い合わせたら既に廃業している人もいたので、実際は17人より少ないと思います。さらにその中でも、会社勤めをしている人もいれば、翻訳会社と契約している人、完全フリーランスの人。状況は色々で、全員にメールを送りましたが、すぐに返信があったのは片手で数えられるほどでした。
わたしが書類の翻訳を依頼した翻訳会社はエージェントのようなところで、実際にはそこから17人のうちの誰かに仕事がまわされたことになります。

この後、2回通訳士さんを依頼する機会があったのですが、その時は2回とも別のフリーランスの方に依頼しました。二人とも料金も良心的でレスポンスも早く仕事ぶりも100点。また機会があったら同じ方にお願いすると思います。
 
次回は、結婚までの手続きをもう少しとビザ申請について。多分、あと一回で書き終えられるかな。やったことが多過ぎて長くなってしまいました。

コメントを残す