チェコの選挙活動

日本では次の日曜に衆院選がありますが、チェコでも今週末は、チェコ議会下院選挙です。日本の衆院選に当たるもので、同じく(解散がなければ)4年に一回。

前回(4年前)の投票率は、59.48%。日本とどっこいどっこいで、あまりよくは無いですね。

今は選挙前の追い込み時期ですが、日本人的にありがたいのは、選挙カーでの演説が無いこと!いたって静かな選挙前です。

もちろん、候補者たちが何もしていないわけでは無く、別の方法で選挙活動をしています。

パンフレットの配布
各党のパンフレットが、家の郵便受けに入っていたり、街で応援スタッフによって配られていたり。
党によってパンフレットの雰囲気は違って、いかにも「政治」という感じの堅い雰囲気のもあれば、「女性はカレに投票してね!」とシャツレスの写真が載っているイケメン推しのようなものもあり、必死の工夫が見えて面白いです。

応援スタンド
大きな街はもちろん、小さな街でもこういった各党のスタンドが立ってます。パンフレットを貰ったり、スタッフがいるので尋ねたいことがあれば訊いたりできるようです。
スタッフたちはあくまで受け身で、日本のような「応援よろしくお願いします!!」という雰囲気は皆無です。


講演会

公民館などで無料の講演を開催しています。興味のある人は聴きに行くというもの。路上での演説が無いぶん、わざわざ足を運ばないといけません。日本だと、知らない候補者でも路上で足を止めて聴いてみることもあったので、チェコの政治家たちは新規ファンを獲得するのが難しそうだな、と思います。

テレビでの討論番組
各党の党首が並んで話す、日本でも見るような討論番組です。が、政治家の皆さん、服がカジュアル〜。もちろんスーツの人は多いものの、カジュアルでもオッケー!という感じです。俳優や歌手出身の人だと余計にカジュアル傾向です。

ポスター掲示
日本のような選挙用の掲示板は無く、他のイベントのポスターなんかと一緒に貼られています。落書きへの罰則も無いのか分かりませんが、顔に落書きされている人も多いです。
一目で選挙ポスターだとは分かるものの、デザインはシンプルでどの党も良い感じです。

なお、前回の議席数は、このようになっています。
日本でもそうですけど、党名に工夫がみえて面白いですね。

50 CSSD(チェコ社会民主党)
47 ANO 2011(不満の市民行動 2011)
33 KSCM(チェコ・モラビア共産党)
26 TOP 09(伝統・責任・繁栄 09)
16 ODS(市民民主党)
14 Úsvit přímé demokr.T.Okamury(直接民主主義の夜明け)
14 KDU-CSL(キリスト教民主同盟=チェコスロバキア人民党)

ちなみに、14議席獲得している「直接民主主義の夜明け党」の党首は、日系人のトミオ・オカムラさんでした。現在は、違う党を立ち上げてらっしゃいますが、選挙前になって顔を見る機会が多くなりました。

私はチェコでの選挙権は無いけれど、チェコの人がどれほど政治に関心があって、どんな風に選挙に関わるのか興味があるので、今週末の選挙を勝手に楽しみにしています。
 
(2017.10.18追記)
なんと、スピーカー付きの選挙カーを見かけました!
ペトル曰く「チェコで初めて見た」とのこと。しかも、その政党は日系人オカムラさんが党首の党。ということは、オカムラさんが日本のやり方を取り入れた?!他の政党が真似しないことを願います・・・。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。