チェコの移動遊園地で気になるシュールな乗り物

チェコには大きなテーマパークや遊園地がありません。
ラウンドワンのような屋内で遊べる施設がいくつかあるくらいで、いわゆる日本人がイメージする遊園地はありません。その代わりに期間限定で「移動遊園地」がやって来ます。

今まで大きな街では、移動遊園地を何度も見かけたことはありましたが、先日、わたしが越して来て以来初めて街に移動遊園地がやって来ました!
 
驚きました。それほど広くないスペースに遊具がぎっしり、大盛況!大げさではなく、街の子ども・若者全員が来ているのではないかと思うほどでした。

 
日本の立派なテーマパークに比べると小さな小さな遊園地ですが、クリスマスまで大きなイベントもなく曇天の続くチェコの秋で、これはテンション上がります。

おそらく年に一度くらいしか来ないので、そりゃあ楽しみですよね。自分が子どもの頃を思い出してみても、遊園地に行くということは常に特別なイベントでした。それが年に一回なら尚更でしょう。

日本で例えるなら夏祭りのような雰囲気で、綿菓子や射的の屋台もあります。
チェコらしいのは、ジンジャーブレッドが売っているところ。クリスマス向けのデザインが色々ある中で、ジンジャーブレッドをビール柄にしちゃうのはさすがビール大好きチェコ人です。

  
  
どうしても気になるのが、チェコの移動遊園地に必ずと言っていいほどいる偽ミッキー・・・いいのかこれ?!ドナルドの体に描かれているキティちゃん(!)は、似せる気無さすぎて何にも抵触しなさそうですが(笑)。

チェコのシュールな一面ですね。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。