海外からロシアワールドカップ(W杯)を視聴する3つの方法


 
ついに開幕しました2018ロシアワールドカップ(W杯)!

日本にいるならNHKと民放で全試合を観ることが出来ますが、海外在住・旅行中・出張中などで海外にいる場合、どういう方法でロシアW杯を視聴できるのでしょうか?

実際に開幕するまではどの程度観ることが出来るのか不確かでしたが、開幕戦を観ながらいくつかの方法を試してみて、比較的簡単・安全な方法のみを3つピックアップしました。お好みに合った方法を試してみてください。

  1. 日本語の実況で観たい!
  2. VPNとか分からないしとにかく簡単な方法がいい!
  3. お金を払っても快適な視聴環境で!


 

1. 日本語実況で観る方法

残念ながら日本の配信サービス(サッカーでお馴染みのDAZNなど)ではW杯の放送はありません。
ですが、いくつかの試合はNHKとTVerのウェブサイトで観ることが出来ます。※どちらも要VPN
 
NHK
全64試合中24試合をライブ配信
NHK W杯放送予定〉視聴する際はページ内からリンクあり(試合によっては英語実況)

 
さらに特筆すべきは、W杯専用のスマホアプリ「NHK 2018 FIFA ワールドカップ」!
NHK地上波で放送する32試合をライブ配信&マルチアングル画面!
 

NHK 2018 FIFA ワールドカップ

NHK 2018 FIFA ワールドカップ
posted withアプリーチ

実況は英語ではあるのですが、なんとマルチアングル表示が出来るのです。画期的!
ライブ配信以外でも、結果やハイライト動画など充実しているのでダウンロードしておいて損は無いアプリです。

動画視聴には要VPN
そのまま視聴しようとすると「お住まいの地域では視聴できません」と表示されます。海外から利用するにはVPNの利用が必要です。

[PR] W杯の視聴には2ヶ月の無料期間がある【セカイVPN】がオススメ!
 

 
TVer
TVerでも数試合のライブ配信と全64試合のハイライト映像が配信されます。
日本代表「ポーランド戦(日本時間28日23時)」のライブ配信あり!

TVerのW杯特集ページ
〈配信スケジュールはこちら(PDF)〉
スマホアプリもあります。

 
注意点は、NHKもTVerも動画を観るにはVPNが必要なこと。試合の前に準備しておきましょう!!



 

2. 滞在国のテレビで観る(&放送予定を調べる方法)

日本語実況にこだわらなければ、滞在中の国のテレビ放送で観るのが一番簡単・快適です。
どの放送局で観れるのか?そもそも放送されているのか分からないという方に、とっても便利なページがこちら。
FIFAの試合スケジュール

「Showing broadcasters for」から自分のいる国を選べば、放送局が表示されます。放送時間は自動的に滞在国に設定されているはず。ご自宅や滞在先のホテルのテレビでどうぞ!

 
テレビが無くても、テレビ局のウェブサイトでライブ配信している可能性も大いにあります。NHKが数試合を配信しているように、テレビ局がネットで同時配信している局も少なくありません。

 

3. 有料配信サービス

観たい試合のテレビ放送が無いこともあるかと思います。その場合は、滞在国の有料ストリーミングサービスです。国内のサービスならVPNを使う必要もありませんし、快適に観ることが出来ます。

滞在国に適当なサービスが無ければ、他の国のものを使うのもありです。
例えば、ヨーロッパだとメジャーなのがスポーツ専門の「EUROSPORT」(実況は英語)。
料金は、月額6.99€(年額だと29.99€)。スカパーなどを契約するのに比べると十分に手頃な料金ですよね。どちらも7日間の無料トライアル期間あり。ピンポイントで観たい試合があるのなら無料期間を上手く利用するのもありかと思います。わたしはオリンピックの視聴に利用していました。


 
有料で契約する前にまずは無料期間を利用して視聴可能かどうかを確認してみてください。国によってはVPNが必要かと思います。

(ちなみに、無料でストリーミング出来る海外サイトもあるにはありますが、リスクがあったりするので、おすすめはしていません。興味がある方は検索してみると見つかると思います。)


Kindle版
 

まとめ

ご紹介した3つの方法は、どれも一長一短あるので、妥協できる点を見つけてお好みの方法を利用してみてください。

 
わたしの場合は、チェコから観ているわけですが、チェコの国営テレビ局「チェスカー・テレビゼ(Česká televize)」は、普段からほとんどの番組をリアルタイムでネット配信しており、W杯も例に漏れずほぼ全試合(時間の重なる試合以外)をリアルタイム&無料で観ることが出来ます!とってもありがたい。残念なのはチェコ代表が出場していないことくらいです。

今回のW杯は、NHKで配信のある試合はNHKで、それ以外はチェコテレビで観ることになりそうです。

 
監督解任のおかげで日本代表には複雑な思いがありますが、W杯は4年に一度のお祭り。日本代表はもちろん、滞在国やお気に入りの国の代表チームを応援してお祭りを楽しみましょう!

※大会中に新しい情報が入れば更新します。



2 Replies to “海外からロシアワールドカップ(W杯)を視聴する3つの方法”

  1. アバター チェンマイより より: 返信

    NHKアプリの場合、タイでは「お住まいの地域ではご視聴できません。」と表示されて見れませんでした。

    1. 記事中にも書きましたが、VPNを利用するとお住いの地域に関わらず視聴することが出来ます。

コメントを残す

コメントが表示されるまで数日要する場合があります。