チェコで扇風機を購入

チェコではエアコンを持つことが一般的ではありません。わたしたちのアパートにもエアコンは付いていませんし、付ける場所もありません。
日本に比べると湿気がなく過ごしやすいとはいえ、暑い日は暑い。せめて扇風機が無いと夏を乗り越えられない!というわたしの強い希望で扇風機を買いました。

扇風機もみんなが持っているモノというわけではないので、買うとなっても選択肢はあまりありません。日本の扇風機市場の大きさを思い知りました。

今まで扇風機を持ったことがないというペトルがデザインと収納性重視で選んだのが左。
Rowenta classic 約1.500Kč(6,750円)

わたしが機能重視で選んだのが右。
Rowenta Turbo Silence Extreme 約3000Kč(13,500円)

2台試してみて良く無かった方を返品しよう、と言っていたのですが(チェコでは2週間以内なら理由問わず返品可)、結局2台ともキープしています。ペトルは「ボクは使わないよ」と言っていたにも関わらず、一度使うと手放せなくなったようです。

メーカーはどちらもドイツのRowenta(ロウェンタ)。

まず、左のタワー型。シンプルな作りで、最低限の機能が付いています。日本でこんな単純な扇風機だったら3,000円で買えるのに、という感じのものです。

右の大きな方は、実はあと30cmくらい高くなります。相当デカいです。わたしの身長より高く威圧感がありますが、天井の高いヨーロッパの家には向いているのかもしれません。背が高いぶん台座部分が重く、常に自分の隣りに置いておきたいわたしにとっては移動させるたびに汗をかいています。

とはいえ、その大きい扇風機の方が断然優秀で気に入っています。
名前に「Silence」と入っているだけあって、サイズの大きさとは裏腹に音が静か。寝るとき用のおやすみモードもあれば業務用かのような激しいターボモードもあり、さすが値段が高かっただけあります。

現在6月の時点ではエアコンがなくても扇風機だけでも不快さはありません。外へ一歩出ると夏の陽射しですが、厚い壁に守られた家の中では扇風機だけで十分涼しく過ごせています。

コメントを残す

※コメントは管理人の承認後に表示されます。お待ちください。