可愛いチェコのクリスマス伝統菓子「ペルニーク」のレシピ


 
チェコの家庭では、アドベント期間に入った頃から沢山の種類のクッキーを用意するのが伝統です。そのクッキーをクリスマスまで少しずつ楽しみ、クリスマス当日にもケーキではなくクッキーを食べます。

その中でも代表的なのが「ペルニーク(Perník)」。英語名だとジンジャーブレッドになりますが、チェコ版のそれは必ずしもレシピにジンジャーが入っているわけではなく、チェコ独自のレシピがあるそうです。

12月の上旬にペトルのお母さんがクリスマス用のペルニークを作るというので、わたしと姪(4歳)も手伝いました。その時のペルニークのレシピをご紹介します。
 

ペルニークのレシピ

《生地》
・薄力粉 650g
・砂糖 250g
・卵 4個
・ペルニーク用スパイスミックス(詳しくは後述) 大1
・ココアパウダー 大1〜2
・はちみつ 100g
・固形の植物油(バターでも可) 50g

 
【1】材料を全て混ぜ、しっかり捏ねて、最低30分冷蔵庫で寝かせる(1〜2日置いてもOK)。


 

ちなみに、チェコではスーパーに出来合いの生地も売っています。家で一人で作るときは断然楽なこれを使っています。


 

【2】1の生地に打ち粉をしながら綿棒で伸ばす。生地の厚さは5mmくらいが目安。焼くと結構膨らみます。

【3】型で抜いて天板に並べる。


 

【4】180〜200℃に熱したオーブンで10分ほど焼く。生地の厚さによって焼ける早さが変わるので、温度・焼き時間は様子を見ながら。しっかり焼いてしまうと、冷めた時にかなり固くなってしまうので、少し柔らかいかな、と思うくらいで丁度良いです。


 

【5】アイシングを作る。

・卵の白身 1個
・粉砂糖 250g
・片栗粉 大1
・レモン汁 少々

白身・粉砂糖・片栗粉を練るように混ぜながら、レモン汁を少しずつ足す。

これも市販品があって便利です。

 
【6】焼いたペルニークが冷めたら、アイシングで好きな絵を描いて完成!


 

ペルニーク用スパイスミックスとは

生地の材料にあった「ペルニーク用スパイスミックス」とは、数種類のスパイスが入ったパックで、チェコではだいたいのスーパーで買うことができます。


 
裏面の原材料表記によると内訳は、
・シナモン
・コリアンダー
・トウシキミ
・オールスパイス
・クローブ
・アニス
・ナツメグ
・フェンネル

色々入っていますね。独特の香りを作っている理由です。これらのスパイスを一つずつ揃えるとなったら大変なので、ミックスを買うのが便利です。

日本で作るとしたら、手に入らないのはこのスパイスミックスですが、シナモン・ナツメグ・クローブ(それぞれパウダーで)を入れるだけでも十分それらしい味になると思います。
 

クッキーを焼くのはクリスマス前の風景

沢山焼いたと思ったのに、ちょいちょいつまんでいるとアッと言う間に無くなってしまうペルニーク。チェコの他のお菓子に比べると甘さ控えめなのでパクパク食べられるんですよね。お母さんと一緒に作った分でクリスマスまで足りるだろうと思っていたら、全然足りなかったのでその後数回追加で焼きました。


 
姪が持っていた塗り絵。このように家でお母さんがクッキーを焼いているのは、チェコの人がアドベントシーズンを感じる光景の一つだそうです。
 

チェコの十二ヵ月―おとぎの国に暮らす
 

コメントを残す