チェコ・南モラヴィア「ペトロフ(Petrov)」村のワインセラー


 
チェコ・南モラヴィアにある「ペトロフ(Petrov)」村を訪ねて来ました。

ペトロフの位置は、チェコ南東の端の端、スロヴァキアに歩いて行けるほど国境の近く。人口1,300人ほどのワインの生産を主な産業とした村です。

 

ペトロフを訪れたメインの目的は、「プルジェ(Plže)」という名のワインセラー集落を見るため。プルジェの見学、そしてペトロフの村を散策してきました。

 

伝統的なワインセラー「プルジェ(Plže)」

チェコ国鉄ペトロフ駅で列車を降りるとすぐ目の前に白壁と青のコントラストが可愛い集落が見えます。それが、85棟の伝統的なワインセラーが集まる「プルジェ」
この場所に関する記録は15世紀頃に始まり、1983年からは歴史的保護区として指定されています。

ホビットが住んでいそうな可愛らしい横穴式セラーは、ワイン生産者が自ら建てたもの。


 
セラーは、全て似ているようでいて一軒一軒カタチもペイントも違います。

 
セラーの大半は土に覆われており、この土のおかげで室内がワインに好ましい低い温度に保たれます。
屋根に当たる部分には煙突のような換気口がニョキニョキと生えていてまるでキノコのよう。


 

周りは畑。ここに写っているのはじゃがいもか何かですが、もちろんワイン用の葡萄畑もその辺にいくらでもあります。
これらは3月後半の写真なので、まだ木々が寒々しいですが、後一ヶ月もすると新緑が茂ってさらに気持ちの良い風景になると思います。

 
春〜秋にはお祭りや試飲イベントが開かれます。

各々のセラーに所有者がおり、この場所でワインを売るかどうかは持ち主の自由。貯蔵庫兼ワインショップとして一般客向けにオープンしている所もあれば、単なる個人の倉庫として利用している人もいます。

今(3月下旬)は、まだオフシーズンなので大きなイベントは無いものの、数軒のセラーはオープンして試飲・販売をしていました。
セラーがどこもオープンしていなくても、基本いつでも開いているショップが一軒あり、ワイン、おつまみ、グラスやマグネットなどのお土産を売っています。
 

プルジェの小さなチャペル「Kaplička v Plžích」

ワインセラー集落「プルジェ」の前にある小さなチャペル。
本当に小さくて、鍵のかかった扉から中を覗き込むまではチケット売り場の小屋か何かだと思っていました。

 

ペトロフの見どころ。鐘の塔・教会・運河

鐘の塔「ズヴォニツェ(Zvonice)」。日本語で言うなら「鐘楼」?

瀟洒な住宅街の道の真ん中にドーンと建っています。どういう時に鐘を鳴らすのかは分からないのですが、行事の際にはこの周りに集まったりするようです。
ペトロフの住宅街は、道幅がワイドで、各々の家は大きく、デコレーションに凝った家が多く、ゆったり広々とした印象を受けました。
 

 

モダンなデザインの目立つ「聖ヴァーツラフ教会(Kostel sv. Václava)」も村の目玉です。住民の寄付を募って建てたらしい、まだ新しい教会です。

Kostel sv. Vaclava v Petrove.jpg
By Miraaa at Czech Wikipedia – Transferred from cs.wikipedia to Commons., Public Domain, Linkn

 

ボートは、夏季のみ利用できます。
このボート、「バチャ運河(Baťa Canal)」と言って、東南モラヴィアにいくつかのルートがあります。他の街へ続いているので、観光遊覧としてだけでなく、移動手段としても使えます。

 

アクセス

「ペトロフ プルジェ(Petrov Plže)」
http://www.obec-petrov.cz

鉄道で、ブルノから約2時間/ウィーンから2時間半/プラハから4時間半
ワインセラーの集落は「Petrov u Strážnice」駅下車すぐ。

何度か紹介している街、ストラージュニツェ(Strážnice)は隣駅です。3kmほどしか離れていないので、一日で周るのに良い組み合わせだと思います。

コメントを残す

※コメントは管理人の承認後に表示されます。お待ちください。